魔女図鑑 まどか

魔法少女まどか☆マギカで登場した魔女と使い魔。

TVシリーズ / 劇場版前後編


ANTHONY (アントニー)

薔薇園の魔女の手下。その役割は造園。
おヒゲは魔女にセットしてもらう。

ポータブル、オンラインでの表記は薔薇園の魔女の手下(造園係)

GERTRUD (ゲルトルート)

薔薇園の魔女。性質は不信。なによりも薔薇が大事。その力の全ては美しい薔薇のために。
結界に迷い込んだ人間の生命力を奪い薔薇に分け与えているが、人間に結界内を踏み荒らされることは大嫌い。

ADELBERT (アーデルベルト)

薔薇園の魔女の手下。 その役割は警戒。人間を見つけると、ベルのような警戒音を鳴らし
容赦ない頭突きを食らわせる。視力は 2.5。 小さなタイプは侵入者を阻む薔薇の蔦に変身可能。

ポータブル、オンラインでの表記は小さなタイプが薔薇園の魔女の手下(見回り係)、大きなタイプが(警戒係)

SULEIKA (ズライカ)

暗闇の魔女(未登場)。その性質は妄想。 闇が深ければ深いほどその力は増す。
完全な暗闇の中においてはほぼ無敵だが 灯りの多い現代ではそれほど恐れる魔女ではない。

造形はジャングルジムにひっかかった流れ星のような姿をしているらしい。(公式ガイドブックより)

ULLA (ウーラ)

暗闇の魔女の手下。その役割は夢。 あらゆるものに姿を変化させ 漆黒の闇の中に魔女の望みを描き出す。
暗闇の中では強大な力を誇るが、街灯や月明かり程度のわずかな光があれば その力を半減できる。

CHARLOTTE (シャルロッテ)

お菓子の魔女。その性質は執着。 欲しいものは 全部。 絶対に諦めない。
お菓子を無限に生み出せるが 大好物のチーズだけは自分で作ることができない。
チーズさえ持っていれば たぶん。簡単に隙をつくことが出来ただろう。

オンラインでの表記はお菓子の魔女(小)、(大)

PYOTR (ピョートル)

お菓子の魔女の手下。その役割はチーズを探すこと。しかし過度な期待は禁物。

お菓子の魔女の手下。その役割はチーズを探すこと。
ネズミのようななき声を出しながら結界内をうろうろしている。
顔はスタンプになっており、チーズではなかったものに見印をつける。
ゴムまりのように弾みながら体当たりしてくる様子は大変間抜けだが
まともにくらえば骨の一本や二本では済まされない。(MADOGATARI展より)


ポータブル、オンラインでの表記はお菓子の魔女の手下(帽子の捜索係)、(捜索係)、(看護係)、(保存係)

H.N.ELLY(KIRSTEN) (H.N.エリー(キルステン))

ハコの魔女。その性質は憧憬。 筋金入りのひきこもり魔女。 憧れは全てガラスの中に閉じ込める。
閉じ込められた者はその心までも 簡単に見透かされてしまうが 考えるより先に殴れば問題ない。

DANIYYEL+JENNIFER (ダニエル&ジェニファー)

ハコの魔女の手下。 その役割は運搬。 この手下がさわった物体はとても運びやすくなってしまう。

ハコの魔女の手下。その役割は運搬。
この手下がさわった物体はとても運びやすくなってしまう。
魔女のために積極的に呪いを振りまきせっせと人間どもを結界の中に引きずり込む。
手下はいつも二人一組で行動。
結界内は液体で満たされているため移動に支障はないが、それ以外の場所では二人揃わないと空を飛ぶことはできない。
魔女は自分では動けないのでこの手下に連れられて移動する。(MADOGATARI展より)

ポータブルでの表記はハコの魔女の手下 、(電波の使い)

ALBERTINE (アルベルティーネ)

落書きの魔女。(未登場) その性質は無知。かくれんぼが大好き。
けれど彼女の手下達はあまり賢くないため誰も彼女のことを探してくれない。

落書きの魔女。その性質は無知。
かくれんぼが大好き。
自身の手下たちがかくれんぼをしようと毎日勤しんでいるが、彼女の手下達はあまり賢くないため誰も彼女のことを探してくれない。
ひとりぼっちの魔女は人間を見つけると走り寄り遊びに誘ってくる。
うっかり相手をしていると遊び半分に心臓を抜き取られてしまうが、無視をしてもかまってもらうために大切なものを持ち去ってしまう。(MADOGATARI展より)

ANJA (アーニャ)

落書きの魔女の手下。その役割は童心。 ひとり遊びに夢中になっているうち 魔女とはぐれてしまった迷子の手下。
人間をボールに変えてしまう力を使い、ボールに変えられた人間は今までについた嘘の数だけ地面を跳ねなくてはもとの姿に戻ることが出来ない。

ポータブルでの表記は落書きの魔女の手下(ビューン)、(ブッブー)、(プカプカ)

GISELA (ギーゼラ)

銀の魔女。その性質は自由。高速で移動する結界の中に潜んでいるが魔女自身は非常に愚鈍。残念ながら科学的な力は一切使えない。
かつては全身目も眩むほどの銀色であったが、海岸線の夕日を眺めているうちにずいぶんと錆びてしまった。

銀の魔女。その性質は自由。
結界は高架道の上を高速で移動している。
巨大な体を持ち、その性格は魔女の中でも粗暴。
動くものは見つけると大きな手で叩き潰そうとしてくる。
まだ体が錆びついていなかった頃は二輪形態へ変形することができた。(MADOGATARI展より)

DORA (ドーラ)

銀の魔女の手下。その役割は主張。体についたパイプから近所迷惑な爆音を撒き散らし気まぐれな砂嵐のように移動する。嫌いなものは磁石。

ELSA MARIA (エルザ・マリア)

影の魔女。その性質は独善。全ての生命のために祈り続ける魔女。
祈りの姿勢を崩さぬまま、その影の中へとあらゆる命を平等に引きずり込む。
この魔女を倒したくば、黒色の苦痛を知らなくてはならない。

SEBASTIAN'S (セバスチャンズ)

影の魔女の手下。その役割は妄信。 影の魔女によって平等に救われてしまった命達の集合体。 彼らは同胞を求めている。

ポータブルでの表記は影の魔女の手下、影の魔女の魔法(サハスラブジャ)

UHRMANN (ウールマン)

犬の魔女。(未登場)その性質は渇望。誰からも誰よりも愛されたくてしょうがない犬の姿をした魔女。
その結界内に入った人間はこの魔女に関心を抱かざるを得ない。この魔女を倒したくば偽りの愛をもって示せ。

コミック版でバルテルスの代わりに登場したのがもともとこの魔女のデザインであるらしい。(公式ガイドブックより)

BARTELS (バルテルス)

犬の魔女の手下。その役割はインテリア。全く意思を持たずにただ回転しているだけのマネキン。
誰からも愛されなかった犬の魔女は意思を持つ手下を創造することが出来なかった。

OKTAVIA VON SECKENDORFF (オクタヴィア・フォン・ゼッケンドルフ)

人魚の魔女。その性質は恋慕。 在りし日の感動を夢見ながらコンサートホールごと移動する魔女。
回る運命は思い出だけを乗せてもう未来へは転がらない。 もう何も届かない。
もう何も知ることなどない。 今はただ手下達の演奏を邪魔する存在を許さない。

HOLGER (ホルガー)

人魚の魔女の手下。その役割は演奏。魔女のために音楽を奏で続ける虚ろな楽団。
その音を長く聞き続けた者は魂を抜き取られてしまう。 この楽団は魔女のためだけに存在し、魔女には楽団が全て。

ポータブルでの表記は人魚の魔女の手下(楽団員)、人魚の魔女の魔法(車輪のしずく)

IZABEL (イザベル)

芸術家の魔女。その性質は虚栄。 自らを選ばれた存在であると疑わぬ魔女。誰かに自分の作品を見せたくて仕方が無く
人間にも積極的に干渉してくるがその結界内はどこかで見たようなものばかり。この魔女を倒したくば著名な批評家を連れてくればよい。

MICHAELA (ミヒャエラ)

芸術家の魔女の手下。その役割は作品。 魔女によって命を奪われた人間は その体の一部分を盗まれ、この中に組み込まれてしまう。

ポータブルでの表記は芸術家の魔女の手下(代表作)、(意欲作)
「~時代を象徴する偉大な~代表作。」「~革命的な命題を背負った~意欲作。」

PATRICIA (パトリシア)

委員長の魔女。その性質は傍観。 蜘蛛のような糸を吐き結界内の空に自分だけの学園を作って 学生達と変わらぬ日常生活を繰り返している。
下校チャイムを鳴らせばこの魔女はどこかの住処へと帰ってゆくだろう。

MATHIEU (マテュー)

委員長の魔女の手下。その役割はクラスメイト。 足に履いたスケート靴で糸の上を優雅に滑走するが
それぞれは魔女が糸で操ってるだけであり意思を持たない。

ポータブルでの表記は委員長の魔女の手下(クラスメイト)、(ティーチャー)

OKTAVIA VON SECKENDORFF (オクタヴィア・フォン・ゼッケンドルフ)

人魚の魔女。その性質は恋慕。 ギターが鳴り響くコンサートホールの中で 在りし日の感動を夢見続ける魔女。
繰り返す時間の中で僅かな違いこそあれど、 運命の車輪は冷徹に回る。

オンラインでの表記は人魚の魔女(緑)

KLARISSA (クラリッサ)

人魚の魔女の手下。その役割はバックダンサー。 魔女の後ろで陽気に踊り続けるだけの存在。

ポータブル、オンラインでの表記は人魚の魔女の手下(バックダンサーズ)

KRIEMHILD GRETCHEN (クリームヒルト・グレートヒェン)

救済の魔女。その性質は慈悲。この星の全ての生命を強制的に吸い上げ 彼女の作った新しい天国(結界)へと導いていく。
この魔女を倒したくば 世界中の不幸を取り除く以外に方法は無い。 もし世界中から悲しみがなくなれば 魔女はここが天国であると錯覚するだろう。

ROBERTA (ロベルタ)

鳥かごの魔女。その性質は憤怒。 カゴの中で足を踏み鳴らし叶わぬもの達に憤り続ける。この魔女はアルコールに目がなく、手下達もまた非常に燃え易い。

GOTZ (ゴッツ)

鳥かごの魔女の手下。その役割は軽薄無思慮。群がる鳥は馬鹿な男達。何の役にも立たないくせに彼女の気を引こうと足元へ言い寄ってくる。
魔女にとっては嫌悪する対象でしかない。

通称:WALPURGISNACHT(ワルプルギスの夜:本名不明)

舞台装置の魔女(通称・ワルプルギスの夜 / 本名不明)その性質は無力。回り続ける愚者の象徴。 歴史の中で語り継がれる謎の魔女。
通称・ワルプルギスの夜。 この世の全てを戯曲へ変えてしまうまで無軌道に世界中を回り続ける。
普段逆さ位置にある人形が上部へ来た時、暴風の如き速度で飛行し瞬く間に地表の文明をひっくり返してしまう。

????? (?????)

舞台装置の魔女の手下。その役割は道化役者。 強大な魔力に引かれ集まった無数の魂。ワルプルギスの夜自身が元々一人の誰かであったのか
或いは 多くの魂が集合することにより生まれた幻であるのか、今となっては分からない。

この魔女の周囲の重さや摩擦の全ては秩序を失い
その吐息は渦巻く炎になって
真実と嘘の一切を塵へと帰すだろう。
尋常ならざる自然災害として振る舞うその様は、まさにこの世の終わり也(MADOGATARI展より)

ポータブルでの表記は舞台装置の少女 劇団・シモテ、ソデ、カミテ、舞台装置の魔女の手下(アカハナ)、(アオハナ)

????? (?????)

巨大宇宙魔女
誰でもない魔女。全ての魔法少女の絶望から生まれた空気人形。
絶望でふくらんだ空気人形。風船のようにどんどんふくらんでいく。(プロダクションノートより、設定案)

絶望の魔女。その性質は強訴。力尽きた全ての魔法少女と叶うことがなかった全ての希望の代弁者。
この宇宙を書き換える希望が生まれると同時に絶望の泥より生まれ
果てしなき悲鳴をその身に詰めて膨らみ続ける空気人形。
魔法少女の因果が回る限り、この魔女は途方もない大きさまで膨らみ続け、
やがてはその身体で銀河すらも圧し潰してしまうだろう。
(MADOGATARI展より)

魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語


CLARA DOLLS(クララ ドールズ)

偽街の子供達。その役割は泣き屋。
葬列を盛り上げるために涙の芝居をする着せ替え少女人形。やって来た人形どもは
イバリ、ネクラ、ウソツキ、レイケツ、ワガママ、
ワルクチ、ノロマ、ヤキモチ、ナマケ、ミエ、
オクビョウ、マヌケ、ヒガミ、ガンコ、最後のアイはまだ来ない。
「色から生まれ空にはあらず、此岸の淵こそ我らが舞台」
そのちからは魔法少女にも劣らない。

はじめに来たのはイバリ。
地べたに転がるデキソコナイの頭を踏み越え、勇ましくその声を代弁する。
「こうまんちきども。ゆるすものか。この感情は、わたしらだけのもの」

2番手はネクラ。コソコソと歩み出て、デキソコナイをあざ笑う。
「このデキソコナイは。まるでみっともない」
この人形どもは、自由だけを師事し欲望に忠実。

次は3人目のウソツキ。デキソコナイの魂へ捧げる涙の芝居。
「哀れなデキソコナイ様。愚かなその魂は、我等が誇り」
この人形どもは、愚か者を嘲笑し愚か者を味方する。

その後ろからは4人目、レイケツ。デキソコナイの頭につまづいてちょっと不機嫌。
「デキソコナイ様をもっと持ち運びやすくするためにちいさく切り分けてしまうのはどうカシラ?」
この人形どもは、悪魔の言葉であれば素直に従う。

さらに5番目、ワガママは怒りながら歩く。
「葬列はまだなの?わたしいっとうはやく泣けるよう練習したのよ?もうちょっとも待てないわ」とプリプリ。
この人形どもは、誰かであって誰でもない。

面倒そうに出てくるのが6人目、ワルクチ。憎まれ口は相変わらず。
「デキソコナイ様は、たいへんな喜劇役者であらせられますワ」
この人形どもは、絡まり極まる因果のママゴト。

ようやく到着した7人目、ノロマ。
無口な人形はその瞳で魔女を笑う。
この人形どもは、生真面目な兵隊とは違い魔女の願いもそこそこは聞き入れる。

8番目に見えるはヤキモチ。うっとりと空を見る。
「箱を用意しましょう。あの輝きをずっと閉じ込めておきたいワ」
この人形どもは、色の集合。空にはあらず。

9人目のナマケはあくび混じりに喋る。
「お遊戯の手伝いまでしなきゃいけないの?編み物なんてめんどり面倒」邪魔に転がるデキソコナイの頭をひと蹴り。
この人形どもは、葬儀がちっとも始まらないので暇を持て余し街を徘徊する。

10番目に走ってきたのはミエ。
デキソコナイの頭を大げさに避けて一言「べとべとした血でケープを汚されてはたまらないワ」
この人形どもは、魔女の自傷を馬鹿にする。

11番目、震えているのはオクビョウ。
「お空へ連れて行かれては、うさぎの首も刎ねられない」
この人形どもは、魔法というちからで完全な回帰を実現する。

ふらふら歩いてきた12人目、マヌケ。さっき鳥から聞いた事をわざわざみんなに話して回る。
「女神様のお話を聞いたの。美しく輝く女神様よ。女神様はきっと私たちのことも愛してくださるワ」
この人形どもは、手が届くものだけを欲しがる。

13番目の足音はヒガミ。
「いつかお話で聞いたみたく素敵な葬列にしましょう。きれいな娘もかわいい動物も一緒にたくさん埋めましょう」
この人形どもは、魔法少女にも劣らぬちからを持つ。

そして14人目、ガンコ。
地を指し空を拒絶する「此岸の淵こそ我らが舞台」
さあ 泣き屋は集まりました。ずいぶん遅くなったけれども大丈夫。あとは葬列を待つばかり。

15番目、最後に来るのが、アイ。その悪魔をまだ誰も見ぬ。
まだ夜は終わらない。もう夜は終わらせない。我らは泣き屋、此岸の劇団。

いまはずっとあの輝きを知るより前
あの輝きを失うより前ここはただの前夜祭。
デキソコナウより前の夜。

LOTTE(ロッテ)

くるみ割りの魔女の手下。その役割は刑の執行。
ギロチン台へ送られる魔女の葬列を務めるブリキの兵隊。愚か者を憎み愚か者を断罪する。
その重たい頭は真面目で融通が利かないため、魔女の言葉に耳を貸すことはない。
人間サイズの他、巨大なブロッケン級が存在。白いネズミが大嫌い。

P2 歩兵

LUISELOTTE(ルイーゼロッテ)

くるみ割りの魔女の手下。その役割はネズミの駆除。
白いネズミどもを狩り立てる虫歯の騎兵。
他にもブリキの兵隊達を手伝い葬列の進行を邪魔する不届き者を排除したりする。

P3 騎兵

LILIA(リリア)

くるみ割りの魔女の手下。その役割は咀嚼。
もう種を噛み砕くことが出来なくなった魔女の代わりに余計な異物を噛み砕くための歯型くるみ割り人形。
口の中からくるみ大砲を発射することができる。自慢のエナメル質は硬度10と言っても過言ではないと評判。

P4 砲兵
※硬度10=ダイヤモンド

LIESE(リーゼ)

くるみ割りの魔女の手下。その役割は凶報。
魔女の葬列の始まりを告げるキグルミ鳥。偽街の子供達から餌付けされているらしく、
彼女らの言うことにはいくらか従うものの基本的に知能は鳥並み。
群れを成して飛び回るが、被り物のせいで視界が悪くとりあえず動くものに突っこむ習性がある。
通常サイズの他に巨大なブロッケン級が存在。

LISA(リサ)

その役割は配役の周知徹底と舞台管理。偽見滝原の上空に浮かぶ鉄の飛行船。
結界内へ連れ込まれた人間達の記憶を書き換え、魔女のための新しい脚本を与える。
魔女の手下であることに違いないが、その役割は道具に近く魔女の感情からも直接的な影響を受ける。

(プロダクションノートより)

HOMULILLY (ホムリリィ)

P6 帽子ver.
くるみ割りの魔女。その性質は自己完結。
かつて数多くの種を砕いたその勇姿も壊れてしまっては仕様がない。
他に価値など持たないこの魔女が最後に望むは自身の処刑。
だが、首を刎ねる程度で魔女の罪は消えない。
この愚かな魔女は永遠にこの此岸で処刑までの葬列を繰り返す。

P7 彼岸花ver.
くるみ割りの魔女。その性質は自己完結。
歯はこぼれ頭蓋はとろけ目玉も落ちた。
もう種を砕けない頭には約束だけがみじめに植わるが、
殻の中で目覚めた魔女はそれでもまだ魔法少女の姿を色濃く残す。
手下達はその姿をデキソコナイと呼び恥ずかしく思っている。

展示ver.
くるみ割りの魔女。その性質は自己完結。
この魔女の因果は通常では考えにくい規模で
手下の軍勢を生み出した。
しかしこの魔女は未熟なデキソコナイ。
この醜く壊れた人形へも無償の愛を恵む者が
現れれば、このいやしくも未熟な魔女の心は
永遠に失われたままとも限らない。

OKTAVIA VON SECKENDORFF (オクタヴィア・フォン・ゼッケンドルフ)

人魚の魔女。かつて恋慕の夢を見た。この魔女は円環の理の一部から再び個として切り離された。
お菓子の魔女とは違い、人間体と魔女体でそれぞれ別行動が可能。
この魔女は水さえあればどこからでも現れる。

人魚の魔女。かつて恋慕の夢を見た。円環の理は、その魂のいくつかを切り離し地上へおよこしになりました。
ひとつはお菓子の姿。もうひとつは人魚の姿。
そしてさらにはご自身までもが、夜露がそっと零れるよりも恭しく地上へと降りられたのです。
その姿はまるで、いつかあった少女のようでした。

ANTHONY (アントニー)

薔薇園の魔女の手下(レンタルver.)。その役割は造園。
魔女の手下達の中ではかなり従順で数も多いため、ほむら救出の主戦力として薔薇園の魔女から派遣されて来た。
直接的に人魚の魔女の指揮下へ入っているため、その魔力の影響で以前とは容姿が少し異なる。
胸に付けた勲章は薔薇園の魔女から付けてもらった宝物。

CHARLOTTE (シャルロッテ)

お菓子の魔女。かつて執着の夢を見た。マミの家に突如現れた謎の生き物。
「べべ」と名づけられるが、その正体は円環の理からやってきたお菓子の魔女。
であった当初はかなり無口で無表情だったが、いつの間にか今のような有様に。
ちょっとうるさい。新しい服はマミのお手製。
巴マミは、この魔女が最後に見たこわい夢に出てくる人に似ている。

PYOTR+POLINA(ピョートル&ポリーナ)

逃走中のお菓子の魔女とお菓子の魔女の手下達。その役割はチーズの探索とチーズの看病。
ほむら救出時、看護師姿の手下はマミの空中ブランコ移動を手伝い、
ネズミ型の手下はなぎさの周囲をとにかく回っていた。