※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「PlaneGeometry」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

PlaneGeometry」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-#divclass(modif){更新日:&date(), r57}
+#divclass(modif){更新日:&date(), r58}
 #divclass(hd){#hr()}
 #divid(d0){}
 (わかりやすくするためにワイヤーフレームも一緒に表示している。)
 
 ***説明
 >&b(){THREE.PlaneGeometry ( width, height}, widthSegments, heightSegments &b(){)}
 平面・長方形のジオメトリを作る。
 
 ***パラメータ
 :''width'' <float>
 |幅。
 :''height'' <float>
 |高さ。
 :''widthSegments'' <int>[= 1]
 |横の分割数。
 :''heightSegments'' <int>[= 1]
 |縦の分割数。口→日→目のように細かくなる。
 
 ***例
 ジオメトリ作ってマテリアルと合わせてメッシュにしてシーンに追加するまで。
  var planeGeo = new THREE.PlaneGeomerty(20, 10), // 幅20、高さ10の平面
  var greenMaterial = new THREE.MeshLambertMaterial( { color: 0x00ff00 } );
  var plane = new THREE.Mesh( planeGeo, greenMaterial );
  scene.add( plane );
 
 ***etc
 -何も設定しないとオモテ面だけなので裏返ると全く見えなくなる(上の表示例ではワイヤーフレームも一緒に出してるので見えるが)。
 
 
 
 
 
 
 
 #include(-g_plane)
 //.