烈風

種類:艦上戦闘機
スペック
対空:+10     
         
         
装備可能艦種
駆逐 軽巡 重巡 戦艦
軽母 空母 水母 航戦
雷巡 航巡 潜水 潜母
初期装備艦娘:無し
&autolink

ゲーム内情報


名機零戦の後継機と開発された最新鋭艦上戦闘機「烈風」。
用兵側の発動機選定ミスや多忙な現場設計陣などの苦境を超えて、ついに完成した新型艦戦です。
ぜひ「流星」艦爆と共に、次世代の機動部隊艦載機部隊を編成して、空を制してくださいね!
現状開発できる中では最強の艦上戦闘機。これを上手に使いこなす事こそが制空圏奪取の切り札となる。

史実情報


零式艦上戦闘機の後継機として1942年から開発が開始された艦上戦闘機。開発は九六艦戦、零戦に引き続き堀越二郎。
例によってこの機体も海軍からのほぼ無茶ぶりとも言える要求を受けた機体で、堀越二郎技師の体調不良もあって開発は難航。
1944年に最初の試作型であるA7M1が飛行したが、これも指定された『誉』発動機の不調が原因で低調な性能しか出せなかった。
同年中になんとか改良型のA7M2が開発され、発動機を自社製のハ43に変更したことにより、この機体は高い能力を見せつけた。
さっそく海軍はこの機体を烈風一一型の名前で採用、量産に移そうとする。
しかし、肝心の名古屋の生産工場が同年から始まったB29による爆撃と東南海地震で壊滅し、ついに本格的な量産が行われること無く終戦を迎えた。
現在残る写真の多くはA7M1を改造した烈風一一型試作機のものである。

まともな実戦が無いため、その性能は未だ未知数な部分が多いが、上昇性能や格闘戦性能は非常に高かったとされている。
しかし烈風の戦闘配備時には、米軍は既にF8FやP-80など烈風よりワンランク上の性能の機体が配備されていたため、やはり不利は覆せなかっただろう。

なお余談だが、航空母艦が烈風や流星彩雲などの大型機を運用するためには三式制動装置という新型の着艦制動装置が必要だった。
この装置は大鳳や信濃と言った1943年以降に建造された空母にしか搭載されておらず、赤城さん含む従来からの空母は烈風の搭載は不可能だったわけである。

コメント


  • 荒らしによって妙なページが作成されていたので、急遽記事を作成しました。随時改訂お願いします。 -- 名無しさん (2013-09-25 15:44:48)
  • 50/50/10/100で1発で烈風でてビビりましたw -- 名無しさん (2014-02-17 23:00:51)
名前:
コメント:
添付ファイル