装備規定



最低限必要とされる装備について

基本的に以下に記載されているものに限定され、指揮官もしくは自宅警備隊本部の許可を得ない限り、過度のアレンジや別種アイテムの使用は制限されます。
作戦、役割によっては特例として様々な物が許可されることもあります。
また装備は一部例外を除き全て 黒一色 である事が必須となっています。

なお、ここで使用している画像はあくまで一例です。
「これでなければいけない」と言う特定のアイテムはありません。


ヘルメット

フリッツヘルメットと呼ばれてるものを使用しています。
N.E.E.T.の文字はフォントはステンシルフォントが正式な書体ですので、旧ルールで作成した隊員は2016年度までに修正をかけてください。
マスキングをしてスプレーで塗る、ビニールテープを貼る、細く切った紙を貼る等の方法が見られます。
2,000~3,000円前後で購入できます。
※お金がない人のための安価通販(品質は保証せず)
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B0063QX6J2/ref=dp_olp_new?ie=UTF8&condition=new

タクティカルベスト・プレートキャリア

特殊部隊風の黒色なら何でも構いません。
2,000~250000とピンキリですが、まともなものを買おうと思うと7,000~10,000程度で購入可能です。
自由にポーチなどを増設しても構いません。
※お金がない人のための安価通販(品質は保証せず)
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B00AHVV1BE/ref=dp_olp_new?ie=UTF8&condition=new

アイウェア(ゴーグル、サングラス、ガスマスクなど)

自宅警備隊では「匿名性」をコンセプトのひとつとしています。
個人的な記念写真以外の撮影では必ず着用してください。
※必ずスモークレンズ(黒)でお願いします。クリアレンズはNG

バラクラバ

匿名性を維持するために必要なアイテムです
1,000円前後で購入できます。
※お金がない人のための安価通販(品質は保証せず)
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B008GYKZL6/ref=dp_olp_new?ie=UTF8&condition=new
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B009O8T1PE/ref=dp_olp_new?ie=UTF8&condition=new

BDU

黒いそれらしい服なら基本的に何でも構いません。
黒い作業着やつなぎを代用するのも可能です。
BDUは3,000~10,000円程度、つなぎなら1,000円~購入可能です。

ブーツ

黒色のブーツなら何でもかまいませんが、スニーカー底のタクティカルタイプが足への負担が少ないのでオススメです。
3,000~20,000円で購入できます。

エルボーパッド・ニーパッド

セットで2,500~5,000円程度で購入できます。
※お金がない人のための安価通販(品質は保証せず)
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B005VAC8CM/ref=dp_olp_new?ie=UTF8&condition=new

グローブ

100均で売っているものでもそれっぽく見せることが可能です。
一般的なタクティカルグローブだと2,500~3,000円程度で購入できます。



必要ではないが、推奨する装備


ホルスター


1,500円弱で購入可能です。
※お金がない人のための安価通販(品質は保証せず)
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B00CX2CA7Y/ref=dp_olp_new?ie=UTF8&condition=new