「自宅警備隊について」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

自宅警備隊について」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 #image(自宅警備隊とは.jpg,http://www56.atwiki.jp/hgg01/pages/1.html)
 #image(E1.jpg,https://www.youtube.com/watch?v=gTCP9HZVX7s)
 *&bold(){自宅警備隊 N.E.E.T.(じたくけいびたいニート)とは}
 
 自宅警備隊とは『自宅を警備する集団』である!
 自宅を拠点とし自身が守りたいモノを自主的に守ることをポリシーに活動している匿名組織であり、
 拠点防衛のための物資調達や守りたいモノの為に自宅を飛び出し『宅外派遣』を行う!
 これが『自宅警備隊宅外派遣N.E.E.T.』である!!
 
 【実質的な活動】
 活動誌の制作、漫画制作、グラフィックやアパレル・グッズ制作、
 楽曲制作、音楽・ライブ活動、出展を独自ルートや組織内運用で行っている。
 各所でのイベント支援、社会貢献ボランティアだけでなく、
 芸能タレント・要人のパフォーマンス警備や番組出演、
 企業とのコラボレーションやオリジナルPVやアニメ・動画作成にも着手し、
 活動の幅はさらに広がり続けている。
 N.E.E.T.は「Not Employment Embattled Team 」(非労働武装集団)の略称である。
 #ref(p10aA800A.jpg)
 
 
 *&bold(){その成り立ち}
 
 &italic(){引きこもり}
 &italic(){ニート}
 &italic(){自宅警備員}
 
 これらは決して良い意味を持つ言葉ではなく、
 自宅警備員に関しては揶揄または自嘲の意味合いで用いられるネットスラングであった。
 しかし2010年冬のコミックマーケットに、その自宅警備員という概念を
 「自宅警備隊」として具現化した者が現れたのだった。
 ///#ref(CNLprv0WEAAQ9x3.jpg)
 #ref(自宅警備隊s.jpg)
 ※画像は2011年夏のコミックマーケット
 ※正式設立(活動開始)2010年冬のコミックマーケット
 ※設立が2009年という記事があるが2013年の当時の記事の誤植掲載の『誤表記』からの拡散によるもの。
 
 最初こそ1人の「隊」であったが規模は徐々に大きくなり、
 いまや日本を中心にドイツ・スイス・スウェーデン・イタリア・
 ロシア・アメリカ・カナダ・オーストラリア・中国・台湾・インドネシア・タイ等と
 多国籍による全世界隊員数800名を超える任意団体
 「自宅警備隊」へと成長したのである。
 
 #ref(CMcoBH5UYAAs8Xk.jpg)
 
 ///中国・台湾・ドイツ・スイス・アメリカ・インドネシア・タイ等と多国籍による全世界
 
 *&bold(){そして現在}
 ///しかし、初期に集まった十数名の「第一宅外派遣小隊」時代とは派遣規模も内容も大きく変わり、隊は方針を切り替えた。
 
 初期に集まった十数名の『第一期宅外派遣』の時代と比べ派遣規模も内容も大きく変わり、これにより自宅警備隊は
 誰でも参加できる&bold(){[[「自宅警備部隊」>https://www56.atwiki.jp/hgg01/pages/19.html]]}
 装備を整えて転属できる&bold(){[[「宅外派遣部隊」>https://www56.atwiki.jp/hgg01/pages/19.html]]}
 組織を管理する&bold(){[[「運営本部」>https://www56.atwiki.jp/hgg01/pages/50.html]]}
 に分割して組織全体が運用される。
 
-この方針変更により自宅警備隊には誰でも簡単に入隊可能だが、
+この方針により自宅警備隊には誰でも簡単に入隊可能となった。
 入隊したからといって必ず装備衣装を身に付ける必要はなく、
 装備衣装を身に付ける場合は自宅警備部隊から宅外派遣部隊への転属が必要になる。
 
 #ref(CHsku96UkAAJla82.jpg)
 
 
 *&bold()[[自宅警備隊はあなたの入隊を待っている!>https://youtu.be/gTCP9HZVX7s]]
 
 #image(入隊申請.jpg,http://www56.atwiki.jp/hgg01/pages/19.html)
 #ref(p12-13zaA800.jpg)
 ----