※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイテム



ハーブ(緑)

毎度恒例の回復アイテム。
今作ではタブレット状にしたハーブをケースにストックして使う。
ストックできる数には限度がある。12個以上ストック中は補充不可能。

敵に攻撃されてない状態でRB/R2ボタンで使用。ボタンを押した数だけ使用する。
連打で全回復分使用。押しすぎても無駄に使うことは無いので安心して連打していい。
一つ使うことで体力ゲージ1つとコンバットゲージ全てを回復する。
パートナーが近くにいると、同じだけ回復させる。(ただし、回復スピードはゆっくりめ)

他のハーブと組み合わせるとタブレットになる数が増えるため、
アイテム欄と体力に余裕があればタブレットケースに入れず取っておくのも手。

  • 緑1つをタブレットケースに→タブレット1つ。
  • 緑+緑をタブレットケースに→タブレット3つ。
  • 緑+緑+緑をタブレットケースに→タブレット6つ。
  • 緑+赤をタブレットケースに→タブレット6つ。

アイテム欄を開かず、RB+X(R2+□)でもタブレットを補充できる。
複数のハーブを所持している場合は、一番多くなるように自動的に配合される。
(例 緑×3、赤×1を所持していた場合、一回押すと赤+緑=6と配合され、さらにもう一回押せば緑+緑=3 となる)

ダイイング状態の味方に使用することも可能。こちらも押した回数分回復する。
ダイイングを助け起こしても体力は0(何らかの攻撃で即死)状態なので、ハーブを使ったほうが確実に助かる。
特にエージェントハントされるときは、起き攻め対策としてほぼ必須。

ハーブ(赤)

ハーブ(緑)と調合して使うアイテム。
単体での使用は出来ず、ハーブ(緑)と組み合わせることで、
6つのハーブタブレットになる。
回復できる回数が大幅に増えるので非常に有用。
緑ハーブがなくても所持しておくことをオススメ。

救急スプレー

シリーズ恒例の完全回復アイテム。
体力を全快にし、コンバットゲージも全快にする。
アームセレクト一覧の上下キーにセットされており、
スプレーを選んだ状態でR1ボタンで使用する。
ハーブとは使用するボタンが違うことに注意。
こちらも、味方の近くで回復効果を共有できる。

装備していれば、ダイイング状態のパートナーにも使用可能。
近づいてB(○)ボタンで、全回復させることができる。

アイテム欄ひとブロックにつき、3個まで所持可能。

手榴弾

普通の破片手榴弾。クリス編、エイダ編でのみ入手可能。
アームセレクト一覧の上下キーから選択。
アイテム欄ひとブロックにつき、5個まで所持可能。

投げてから4秒くらいで爆発、周囲にダメージを与える。
威力はかなり高く、多数の敵をまとめて倒せる。
倒しきれなくてもダウンさせられるので、追い打ちも可能。
あまり近くにいると自分やパートナーも食らってしまうので注意。
今作から投げたときの軌道が表示されるようになった。

クリス編にはグレネードランチャー炸裂弾、エイダ編にはクロスボウパイルボムがあるが、グレネードならではの利点もある。
  • リロードが不要で、咄嗟の時にも投げられる。
  • 攻撃範囲が広く、威力も高い。
  • 投げてから逃げれば自爆しにくい。

過去シリーズとは異なり、一回投げると装備から外れ、銃を持ち直してしまうのが欠点。

焼夷手榴弾

火炎をまき散らす手榴弾。レオン編、エイダ編でのみ入手可能。
使い方は手榴弾と同じ。

違いは、着地と同時に燃えること、自爆しても被害が少ないこと、敵がしばらく燃え続けること。
特に最後は重要で、ゾンビにとっては致命傷になる。シュリーカー、ブラッドショットにも非常に有効。
基本的にはゾンビの群れを蹴散らす為の装備。
ジュアヴォに対しての威力は低いが、フィニッシュブローのチャンスになる。マーセナリーズでどうぞ。

閃光手榴弾

眩い光と強烈な爆音で、敵を怯ませる手榴弾。クリス編、ジェイク編でのみ入手可能。
着地と同時に光と音を出し、広範囲の敵にめまいを起こさせ動きを止める。
ジュアヴォ、ゾンビにあてた場合、接近してフィニッシュブローを繰り出せる。

完全変異体にも有効で、特にメセツ(カラス型B.O.W)は即死してしまう。

リモコン爆弾

地面に設置し、任意のタイミングで爆発させられる爆弾。レオン編、ジェイク編でのみ入手可能。
設置→爆破という手順を除けば、手榴弾と似た性能の強力な武器。

LT(L1)で地面に置き、その後LT(L1)で構えてRT(R1)で起爆する。
スライディングでも設置可能。そのまま反転して起爆するとスタイリッシュ。

マーセナリーズでは、厄介な敵(ロケットランチャー兵等)の出現地点にあらかじめ設置しておき、
出現と同時に葬るというテクニックもある。

|