※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主人公

レオン・S・ケネディ/Leon S. Kennedy

CV.森川智之/Matthew Mercer
第1の主人公。バイオハザード2、バイオハザード4にて主人公を務めた。
今作では、アメリカ合衆国の対バイオテロ組織DSO(Division of Security Operaions)に所属する大統領直轄のエージェントになっている。
バイオハザード4でのミッション以降、大統領から絶大な信頼を獲得し現在に至る。なお、4で所属していた組織とは別物。

クリス・レッドフィールド/Chris Redfield

CV.東地宏樹/Roger Craig Smith
第2の主人公。バイオハザード、バイオハザードCV、バイオハザード5にて主人公を務めた。
バイオハザード5で1作目より因縁のあるアルバート・ウェスカーをシェバ・アローマと共に倒した。
引き続き、国連の対バイオテロ組織B.S.A.A.(Bioterrorism Security Assessment Alliance)に所属し、北米支部の隊長に就任している。

ジェイク・ミューラー/Jake Muller

CV.浪川大輔/Troy Baker
第3の主人公。今作が初登場。
イドニア共和国で反政府軍の傭兵として生計を立てている。
エイダ・ウォン曰くアルバート・ウェスカーの子で"呪われた血"を受け継いでいるというが…?

エイダ・ウォン/Ada Wong

CV.皆川純子/Courtenay Taylor
第4の主人公にして事件裏で暗躍する。バイオハザード2にて登場した。
半年前のイドニア共和国にて目撃談が多数存在。クリスの部下や反政府軍などにウィルスを投与するなどこれまでにない冷酷な一面を見せる。
そして彼女の周りで囁かれる「ネオアンブレラ」。彼女の目的とは…?

サポートキャラ

ヘレナ・ヘーパー/Helena Harper

CV.佐古真弓/Laura Dawn Bailey
レオンと共に行動するサポートキャラ。今作が初登場。
アメリカ合衆国のエージェントで、レオンの同僚。USSS(アメリカ合衆国のシークレットサービス)に所属している。
今回の事件は全て自分が引き起こしたと告白するのだが…?

ピアーズ・ニヴァンス/Piers Nivans

CV.阪口周平/Chrisopher Emerson
クリスと共に行動するサポートキャラ。マルハワデザイアにて先行登場した。
B.S.A.A.北米支部所属。標的は確実に外さないと言われる程の狙撃手。
クリスからの信頼は厚く、将来B.S.A.A.を背負って立つであろうと目されている。

シェリー・バーキン/Sherry Birkin

CV.坂本真綾/Eden Riegel
ジェイクと共に行動するサポートキャラ。バイオハザード2にて登場した。
ウィリアム・バーキンの娘で、Gウィルスの胚を持つことから政府の監視下に置かれていた。
それから長年の後、アメリカ合衆国のエージェントとなることで軟禁状態から解放された。
自分と境遇が重なるジェイクを助けたい一身で戦いに身を投じる。
|