※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ホームページ開設1周年記念特集 美英校跡は今・・・  文、写真 部長

 

2014年5月3日で当ホームページは1周年を迎えました。いつもこのホームページをご覧の皆様には心より感謝いたします。

 

ということで今回はかつて美幌町に存在した美幌町に存在した美英校をご紹介します。

かつて校門があった付近はこの通り。向かって右側がかつての校庭。左側に校舎がありました。

現在はご覧のような住宅地になっています。

学校の南端はご覧のように小山(通称美英の丘)がそびえており、かつてはジャンプ台や奉安殿がありました。

美英の丘からは市街地が一望できたそうですが現在は木々が生い茂り、市街地を見るのは困難となっています。

 

まだ丘の上に美幌中学校があったころはこの写真の左奥のあたりから山頂(?)に至る獣道のような近道(中学生が何年もかけて作ったと思われる)がありましたが、果たして今は・・・。

 

※美幌中学校は2012年4月に元美幌高校校舎に移転しています。

旧美幌中学校前より美英校跡、市街地方面を望む。(2012年5月撮影)

-------------------------------------------------------------------------

 

美英校は大正10年7月1日に美幌尋常高等小学校(現美幌小学校)の児童数拡大のため美英地区(現在の東三条南三丁目付近)に美英尋常小学校として開校しました。ちなみに「美英」とは美幌の英才を育てるという意味。当初の児童数は300人だったのこと。

 

大正14年には児童数が500人を超えました。

 

その後戦時色濃くなる昭和14年には国民学校令に基づき美英国民学校と改称。昭和19年に高等科のみの単置校となります。

 

しかし戦後の新学制によって、昭和22年、校名が美幌中学校となり美英校の名が無くなりました。

さらに同じ年の6月28日には校舎が消失。こうして美英校は完全に消えてしまったのでした。

現在、美英校があったことを伝えるのはかつての校庭の南端にある石碑のみです。(2011年2月撮影)

 

参考文献

美幌叢書 美英校を温ねて

       続美英校を温ねて

       美幌歴史写真帳  

美幌町史

美幌町百年史

美幌中学校50年のあゆみ 

 

撮影 2014年3月(特記以外)