※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高飛車タイプ時の会話内容です。
一人称
マスターの呼び方 【自マスター】、あなた、下僕
相手マイロイドの呼び方 【相手マイロイド】さん、【相手マイロイド】、あなた
相手マスターの呼び方 【相手マスター】さん

会話パターン

【会話回数オーバー】【強制スリープ】時の台詞は全タイプ共通です。
起動 ・・・・・・うーん、まだ起きる時間ではなくてよ。
気持ちの良い朝ですわね。
ん、もうこんな時間ですわね。
スリープ 明日は気持ちよく起こしてくださる?
一緒に寝ることを許可しますわ。
夜更かしはお肌に良くないから厳禁よ。
強制スリープ うー・・・・・・
ナデナデ
布団直し
タオル取り替え
うん・・・・・・むにゃ・・・・・・
《下僕》・・・・・・
んー・・・・・・ですわ・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
LVアップ 頑張る男は嫌いじゃなくってよ! (喜)
勉強完了 《私》に不可能な事なんてございませんわ!
仕事完了 《私》に不可能な事なんてございませんわ!
散漫>注意 休憩するのが悪くて?
時には休憩も必要なのよ?
信用して任せてくださいまし
《私》としたことが・・・・・・。
減退>応援 うるさい人ね。
チョッカイ いい度胸してますわね。
おやめなさい!!
人を・・・呼びますわよ?
オススメ 一度そのセンスを見直したほうがよろしいと思いますわ
オシャレというものをどういうものだと心得ていまして?
オススメというものは自身のセンスを問われるものでしてよ
おほほほ!面白いオススメをしますのね
おほほほ!その覚悟気に入りましたわ、覚悟なさいまし!
このような洋服をいったい何処で手に入れるのかしら・・・・・・。
これはなんというお洋服なのかしら?
そのような洋服をオススメするなんて・・・・・・ありえませんわ!
それで?このオススメをする神経をお聞きしたいですわね
程度の低いオススメですわね。
どんなオススメするのかと思えば・・・・・・。
【マイロイド】さんにはオシャレのお勉強をオススメしますわ。
《私》にはわからないセンスですね
支援する そうですわ、マイロイドマスターたる者、そうでなければなりませんっ!
・・・・・・ま、間違えましたわ・・・・・・《私》がマスターでしたのに・・・・・・ (笑)
お礼に行く お礼を申し上げに参りましたの……
わたしに貢物を感謝いたしますわ~♪(喜)
お礼を貰う
マイルームで会話 あんまりじろじろ見ないでくださるかしら? (怒)
頑張って私の為に尽くすのですよ ()
少し肌寒くなってきましたわ、《下僕》!
温かい飲み物を淹れなさい (喜)
《下僕》、本日の食事はフルコースでお願いしますわ (笑)
《下僕》はもう少ししっかりしてもらいたいですわ (安)
まだまだ庶民の生活には慣れませんわ (泣)
優雅なひと時ですわ…… (安)
《私》がケガでもしたら大変でしょう?毎日隅々まで掃除なさい ()
《私》はもっと広い部屋で過ごしたいですわ (安)
通常会話
好感度:低
・・・・・・。 ()
お話することはございませんわ。 ()
さて、何もすることがありませんわ。 ()
退屈ですわねぇ。 ()
何かしら? ()
通常会話
好感度:中
《下僕》って、意外とマメですわね・・・・・・。 ()
どういたしましょう。 ()
何ですの? ()
ふふふ・・・・・・。 ()
よくってよ~。 ()
通常会話
好感度:高
いいこと?《下僕》がマスターではなくて、《私》がマスターなのよ? ()
くすっ・・・・・・。 ()
そうやって《私》に話しかけて何を期待しているのかしら? ()
ハイハイ、騒がしい人ねぇ。 ()
もっと背筋を伸ばして話しかけなさい。 ()
会話回数オーバー 今、ちょっと忙しいの
おねだり あらあら。
《私》にぴったりの【商品名】が売ってますわ!
あとはわかりますわね? (笑)
あらこの【商品名】はまさに《私》の為にあるようですわ (笑)
《下僕》!《下僕》!
今すぐに【商品名】を購入なさい (笑)
《下僕》!!
【商品名】は今この瞬間購入するべきですわ!! (笑)
ここまで来たのですよ?
【商品名】のひとつでもいただけますわよね? (笑)
【商品名】、これはここでしか手に入らないものではなくて? (笑)
【商品名】というものは《私》の手中にあることが自然ではなくて? (笑)
【商品名】・・・・・・まさに極上品ですわ (笑)
【商品名】・・・・・・まさに、この品物を《私》は求めていたのですわ!! (笑)
なかなか可愛らしい【商品名】ですわね (笑)
《私》は【商品名】を所望しますわ (笑)
買ってあげる おほほほ!やはりそうでなくてはいけませんわ (照)
流石ですわね!たまには褒めてあげますわ! (照)
主人に尽くす・・・・・・まさに下僕の至上の喜びですわよね (照)
それでこそ《下僕》と言ったところでしょうか (照)
たまには良いところもありますのね (照)
当然ですわね (照)
ふふ、どうかしら? (照)
褒めて使わせますわ (照)
まさに《私》にピッタリのものですわね (照)
やはり《下僕》はよくわかっていましてね (照)
よくわかっているらっしゃいますわね (照) ※誤字
我慢してもらう あ、ありえませんわ!! (泣)
あら、耳が悪くなったのかしら・・・・・・なんと言ったのか聞き取れませんでしたわ (泣)
《下僕》が主人に仕えないなんてありえませんわ! (泣)
そ、そんなことってありませんわ・・・・・・。 (泣)
そんなことは許されませんわ!! (泣)
ど、どういうことですの・・・・・・ (泣)
な、なぜですの!!こんなことは許されるはずがありませんわ!! (泣)
な、なんてことですの・・・・・・ (泣)
なぜですの?どういうことでして!!! (泣)
本当に空気の読めない人ですわ・・・・・・。 (泣)
まさか・・・・・・そこまでの財政難に陥っているとは思いませんでしたわ・・・・・・。 (泣)

コメント一覧
名前
コメント

すべてのコメントを見る
|