※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「新年あけましておめでとうございます~♪
あなたたちも百人一首をやりに来たのですね?」 (笑)




◆―――◆―――◆―――◆―――◆―――◆


「ご存じありませんか?
百人一首は短歌を100首集めたかるたのことです。詠み手が上の句を詠み、参加者は下の句が書いてある札を探して取るんですよ♪」 (微)




◆―――◆―――◆―――◆―――◆―――◆


「短歌は5,7,5,7,7の文字数の組み合わせで書かれた和歌の事です。上の句が5,7,5,の部分で、下の句が7,7です。みなさんが取る札にはこの7,7の部分が書いてあるんです!」 (ウイ)




◆―――◆―――◆―――◆―――◆―――◆


「そんなに難しくないんですよ~♪
上の句を詠んだ後にちゃんと下の句も詠むので、覚えていない人でもちゃんと遊べるんです♪」 (閉)




◆―――◆―――◆―――◆―――◆―――◆


「百人一首をやっていくうちに【マイロイド】ちゃんも自然にたくさん取れるようになると思いますよ♪」 (笑)




◆―――◆―――◆―――◆―――◆―――◆


「マイロイドに搭載されている学習エンジンが百人一首のやりかたを覚えていくんですよ~。知識、速さ、頑固がそれぞれ上がれば上がるほどたくさん取れるようになっていくんです!」 (微)




◆―――◆―――◆―――◆―――◆―――◆


「【マスター】さんも
【マイロイド】ちゃんと頑張ってくださいね!」 (ウイ)




◆―――◆―――◆―――◆―――◆―――◆


「この大会の受付をしている「鶴巻かるた」といいます。
何かわからないことがあったら遊び方を聞きにきてくださればいつでもお答えします♪
それでは百人一首大会を楽しんでくださいね♪」 (微)


|