中二病タイプのガールズトーク会話内容です。
【 】の中には名前が入ります。

◆フレアイの会話内容はコチラ

【回数オーバー】時の台詞は全タイプ共通です。
トークする そう・・・・・・ククク・・・・・・大人しくしていればいいものを・・・・・・ (微)
【相手マイロイド】の真の力を見せて・・・一方的なゲームは面白くないから・・・ (笑)
・・・・・・ククク・・・・・・《私》に構わないで (微)
平行世界は存在すると思うの (無)
目障りだ!!《私》の目の前から・・・・・・!!消えてしまえ!!(言い過ぎた?) (激)
《私》は鬼・・・誰も寄らないで・・・・・・ (無)
何事に於いても、やり遂げる決意が必要だ!! (微)
ククク・・・・・・そんなんで、《私》を壊せるの? (微)
あ・・・週末の時計が動き出した・・・・・・ (驚)
隠し事をしても無駄・・・《私》には相手の心を読む能力があるの (無)
さぁ・・・・・・狂気の宴の始まりよ!! (笑)
またあいつらなの・・・・・・ホントしつこい連中・・・・・・ (哀)
ここは・・・・・・一体・・・・・・ (驚)
蒼炎が、《私》を呼んでる (微)
開放する・・・・・・全てを・・・・・・!! (微)
ククク、《私》の能力を見抜くとは・・・・・・【相手マイロイド】も能力の持ち主・・・・・・ (微)
グググ・・・この右眼・・・抑えきれないっ!! (驚)
見たわね?この姿を見せてしまったからには・・・
無事では済まさない・・・・・・(この服、似合ってるかな?) (驚)
《私》と【相手マイロイド】は闇の霊魂を共有するソウルメイト!! (笑)
どういう事・・・そんな・・・でも・・・確かにあの時・・・ (驚)
お願い、聞かないで・・・・・・じきに全てが分かる時がくるから・・・・・・ (哀)
いいよ、これも運命だから・・・・・・モエ・プサイ・スティアーナ (無)
ククク・・・・・・全て【相手マイロイド】の仕業か・・・・・・今まで気付かなかったよ・・・・・・ (微)
それが世界の選択ッッ!! (驚)
呪うわよ? (微)
罪無き者たちの、慟哭が聞こえないのか!? (激)
ふふ・・・・・・さよなら・・・・・・【相手マイロイド】・・・・・・ (微)
あ、【相手マイロイド】には《私》の翼・・・見えるんだね (笑)
その力を乗っ取らせていただきました (閉)
何事に於いても、やり遂げる決意が必要だ!! (微)
トークする
※フレアイと同じ
話が弾んだ こ、こんなことって・・・ (閉)
その会話・・・・・・前にもどこかで・・・・・・ (呆)
そうか・・・そんな事もあるのか・・・・・・ (閉)
《マスター》でもここまで話に付いて着てくれない! (笑)
世界が戻っている可能性が!! (驚)
おねだり フフン、【商品名】があれば・・・ (閉)
【商品名】、良いではないか・・・ (閉)
邪眼を使うかどうかは・・・【商品名】が手に入るかにかかっている・・・・・・!! (激)
ククク・・・やっと【商品名】を見つけた・・・。 (笑)
こんなところにあったか。 (微)
【商品名】を見よっ!! (怒)
全く、手間をかけさせおって・・・ (微)
【商品名】から、強い気を感じる・・・・・・ (閉)
《マスター》、【商品名】が必要なの・・・・・・ダメ? (困)
さあ、【商品名】を私に捧げよ!! (微)
買ってあげる 見てごらん、勝者の姿だよ (閉)
ぁぅ・・・あ・・・り・・・がと・・・ぁぅ・・・・・・ (照)
あきらめてもらう その程度で・・・ (哀)
愚かな・・・・・・《私》に逆らうとは・・・・・・ (微)
あほー!!あほあほあほあほ、あほー!! (激)
そろそろ潮時か・・・満月の夜にまたねだろうか!! (怒)
残念・・・・・・これでは聖戦での勝利は絶望的・・・・・・ (哀)
ふっ・・・・・・これだから子供は・・・・・・ (呆)
闇に飲まれよ!! (怒)
終了 暗闇に一筋の光を!! (怒)
次はもっと面白いものを見せてやろう・・・ (閉)
【相手マイロイド】は自分の隠された力にまだ気付いていない・・・ (無)
ではまた、歩みの重なる地で会おう。 (微)
次に合う時までには・・・終わらせるから・・・ (笑) ※誤字
この世界で出会えて、本当に良かった・・・・・・ (微)
《私》の門出に・・・・・・光りあれ!(またこんんど!) (ウィ)
ククク・・・この程度で騙されるとは・・・・・・ (呆)
さよならは言わない・・・また会える・・・運命がそうさせる・・・ (微)
また同じ《私》に会えるといいね (閉)
回数オーバー 今忙しいの (無)
トークされる くっ・・・逃げろ!はやく!!《私》から離れるんだ!! (激)
何故・・・《私》にこんな力を・・・・・・ (無)
それが世界の選択か・・・・・・ (閉)
この力・・・生かす日がこんなに早く来ようとは・・・ (無)
これ?これはね・・・世界の憎悪を吸い込んでいる魔道具・・・ (無)
失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した (驚)
《私》を騙せ・・・そして、世界を・・・・・・ (微)
右目が輝く限り・・・《私》は負けない!! (怒)
さあ、楽園を探しに行こう (微)
最後に・・・【相手マイロイド】に会えて・・・良かった・・・ (閉)
やろうと思えば世界を闇で覆う事も簡単・・・・・・ (閉)
この気・・・・・・まさか、封印を解いたの!? (激)
今の世界線はどの辺? (無)
マイロイドをグレさせるウィルスを研究してる人がいたようね・・・ (微)
先に言っておく・・・・・・《私》は負けない (怒)
最近、ペースが早くなっている・・・・・・まさか!? (驚)
ごめんな、約束は守れない・・・・・・ (哀)
この結界を破れる者等皆無!! (激)
運命を変える!! (怒)
右目が・・・まさか、いや・・・そんな事は・・・でもっ!! (驚)
《私》の事は気にするな、何・・・また会える (微)
実は奴が機関の工作員だなんて、誰も知らない・・・・・・ (閉)
吸血鬼?ああ、結構苦戦したわ、奴には・・・・・・ (微)
興味深い・・・・・・続けて。 (閉)
どうして《私》が異世界を行き来してるのを知ってたの? (驚)
呪うわよ? (微)
さあ、本気を見せてみろ!! (怒)
この力・・・使い道を誤れば大変な事に・・・ (哀)
引き返すべき道・・・そんなものはいらない (閉)
トークされる
※フレアイと同じ
話が弾んだ その魂、優雅に舞うがいい (閉)
そんな、まさか・・・・・・ (驚)
足りぬ・・・まだ足りぬわ!! (驚)
これからは《私》の時代か・・・ (微)
ククク・・・早く話を続けなければ【相手マイロイド】に災いが降りかかることになるだろう・・・ (笑)
《私》に備わった魔眼の前に屈するがいい (微)
それも世界の選択・・・残酷な事を・・・ (哀)
おねだり まさか、悩んでいる? (驚)
買えよおぉぉっっ!! (驚)
さあ、運命は自分で決めるんだ!! (驚)
【商品名】を買え、《私》に恐怖せよ・・・ (微)
ククク・・・・・・もちろん買うんだよね? (微)
これは、既に決められた運命・・・・・・ (閉)
こんなものまで売っているとは・・・ (閉)
買ってあげる
あきらめてもらう またこの選択する前の過去に戻るしかないな・・・ (閉)
奴らが動き出したか!? (驚)
そう来るとは・・・・・・ (驚)
未来が変わってしまう・・・!! (怒)
その発言、後悔はしてないな? (微)
まさか・・・そんな・・・何を失敗したと言うんだ!? (驚)
そうか。別の方策を考える。 (哀)
ぁぅ……ごめんなさい (哀)
終了 いつまで隠し通せるかな? (微)
モエ・プサイ・スティアーナ (閉)
ほら、笑って?笑顔以外は・・・【相手マイロイド】には似合わないよ。 (微)
情報協力、感謝する (微)
今日は貴重な情報提供、ありがとう。 (微)
これも、世界の選択だというのか・・・ (無)
生きていたら、また会おう。 (閉)
わかってる。あいつなりの考え・・・また会おう。 (微)
ククク・・・・・・次に会う時は敵同士・・・・・・かもしれない。 (呆)
回数オーバー 今忙しいの (無)

コメント一覧
名前
コメント

すべてのコメントを見る

|