※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【 】の中には名前が入ります。


【回数オーバー】時の台詞は全タイプ共通です。
トークする 【相手マイロイド】と話していると落ち着くな・・・・・・不思議だ・・・・・・ (微)
【相手マイロイド】はいつも《【マスター】》からどうやってスリープしてもらっているんだ? (無)
【相手マイロイド】は充実した毎日を過ごせているのか? (無)
【相手マイロイド】を研究対象にしたら《【マスター】》に怒られるかな?
ふふふ・・・・・・ (照)
今日の夜は晴れると《【マスター】》が言っていたから、今夜は星を見に行こうか (微)
調子はどうだ? 故障は早めに直すに限る (無)
博物館で化石を見たいな・・・・・・古代には何かを感じてしまうんだ (微)
ふふふ・・・・・・【相手マイロイド】は、そういうコーディネートをされているのか・・・・・・実に興味深い (照)
ふむ、《【マスター】》抜きでガールズトークとやらに挑戦してみようか (閉)
《私》はコスチュームより観葉植物が欲しいんだが【相手マイロイド】はどう思う? (無)
トークする
※フレアイと同じ
【相手マイロイド】、体に不調はないかな?不調があれば、すぐに訴えた方がいい。 (微)
【相手マイロイド】と《私》は身体の構造以外にも似ている部分が多いね。今度、ゆっくり観察させてくれないか? (無)
科学の発展は研究者の血と汗の結晶だね。・・・《私》にはどちらもないけどね・・・ふふ。 (閉)
今夜は晴れそうだな。よかったら《私》と一緒に天体の動きを観察しないか? (無)
自分でも理解しているけど、《私》の興味の対象は偏っているんだ。 (無)
手ぶらも悪いから、糖分を持ってきたよ。アップリンというものらしい。 (閉)
ふふ、【相手マイロイド】はなかなかユニークな格好をしているね。実に面白いよ。 (閉)
《私》は今日も問題なく動いているよ。いつまで動けるのかは知らないが・・・・・・ (微)
話が弾んだ 会話というものは本当に至福の瞬間だと感じさせられるよ (閉)
ふむ・・・・・・その話はなかなかに興味深いな (微)
おねだり あー意見が聴きたいのだが・・・・・・
【商品名】をどう思う? (微)
あーごほん
【商品名】という物がだな、その・・・・・・とても興味深いデザインでね・・・・・・ (困)
少し質問があるのだが・・・・・・
《【マスター】》はこの【商品名】が好みだったりはしないだろうか? (無)
たまにはこのような店もいいものだね。
【商品名】のような商品を目にする事が出来るのだから。 (微)
どこかにサンプルになるような物はないかな・・・・・・
たとえば【商品名】のようなものがあるといいのだが・・・・・・ (ウイ)
ふむ・・・・・・。
【商品名】か・・・・・・興味深い。
・・・・・・ねだってるわけではないぞ? (無)
ふむ、実に色々な商品があるものだね。
時にこの【商品名】なんて実に興味深い。 (微)
まぁ、あれだ。せっかくここに来たのなら【商品名】を買っていくのはどうだろうか? ()
買ってあげる ありがとう、これは必ず研究の役に立ててみせるよ。 (微)
先に忠告しておくと、請求したわけでは無いのだからな? (困)
正直、断られると思ったのだが・・・・・・試してみるものだな。 (微)
素直に礼を言うべきなのだろうね。ありがとう、本当に助かったよ。 (ウイ)
多謝 (閉)
あきらめてもらう ・・・・・・よいサンプルだったのが、残念だな・・・・・・。 (哀) ※脱字?
いや、別にいいよ。変わりに《【マスター】》の反応を知ることができた。 (呆)
こういうこともある・・・・・・良い教訓になったよ。 (無)
そうか・・・・・・悪くない選択だ・・・・・・ (無)
それならば仕方ないな。 (無)
タイミングが悪かったか・・・・・・。 (無)
なに、気にすることはないよ。 (無)
終了 この時をまた共に過ごしたいものだ。 (微)
そ、それでは!・・・・・・く、くれぐれも《【マスター】》には内密に頼む (困)
確かにこの記録、刻ませて貰ったよ。 (閉)
星空が美しい日にまた話そう (微)
回数オーバー 今忙しいの (無)
トークされる 【相手マイロイド】はそういう考えなのか、なるほどな・・・・・・ (無)
焦らずゆっくり話せ・・・・・・聞いているぞ? (微)
同じマスターのマイロイドなのは偶然なのかそれとも必然なのか・・・・・・ (無)
こうやって二人で話すことによってどんな結果が出るのか調べてみる価値はありそうだな (無)
そういう研究もあるのか・・・・・・世の中は興味深いな (微)
そうだな、それも悪くないかもしれない (閉)
外に出かけるなら一緒にUMAを探してみないか? (閉)
大変興味深いな・・・・・・ (驚)
どうすればもっと可愛い?言動ができるのだろうね? (照)
ふむ、なるようにしかならないな (微)
他のマスターのマイロイドとのフレアイと【相手マイロイド】と話すのは何かが違うな・・・・・・ (呆)
やはりこのような会話が人類進化のカギになっているのかもしれないよ。 (閉)
《私》達が同じマスターのマイロイドなのは偶然なのかそれとも必然なのか・・・・・・ (無)
トークされる
※フレアイと同じ
今日は良い茶葉があるんだ。よかったら飲んでいかないか?・・・・・・飲んだらよぉく観察させてくれ。 (照)
この世界にはまだまだ知らないことが多いな。【相手マイロイド】を見てると殊に思うよ。 (微)
ごめんごめん、つい木目の規則性について考え込んでしまって。 (微)
質問は手短に。考えなきゃいけないことがたくさんあるんだ。 (呆)
皆が言う「遊び」というのが、自分にはよくわからないんだ。【相手マイロイド】にとって「遊び」とはなんだ? (無)
世の女の子というのは恋愛に関する話が好きなようだね。【相手マイロイド】はどうだ? (閉)
話が弾んだ 興味深い話には花が咲くというものだ (微)
マスターとの関係を良好にするには・・・・・・か、なかなか難しいテーマだね。 (呆)
終了 【相手マイロイド】との距離が近くなったことを嬉しく思う (微)
この時が永遠であれば、どんなに良いことだろうね。 (哀)
このような会話は実に興味深い、また話にきてくれるかい? (微)
このような時を過ごすことが出来て、《私》は本当に幸せ者だよ。 (笑)
こんな会話をすることが出来るのなら、マイロイドであることを感謝するばかりだよ。 (閉)
おねだり 【商品名】か・・・・・・
これは非常に良い商品だと思うのだがね。 (微)
【商品名】をねらうか・・・・・・【相手マイロイド】もなかなかの眼を持っているようだな (閉)
審美眼というものには自信があってね。
【商品名】は買って損はない商品だと感じるよ。 (閉)
ほう、【商品名】か・・・・・・これは非常に良い商品だと思うのだがね。 (微)
ほう、【商品名】か・・・・・・なかなか良い商品だと感じるよ。 (閉)
まさか・・・・・・
【商品名】を逃すような勿体無い事はしないと思うのだが・・・・・・ (哀)
《私》としては、【商品名】を手にした《私》の表情をみてみたいものだが (ウイ) ※誤植?
《私》には【商品名】がとても映えるのではないかと感じるよ。 (閉) ※誤植?
買ってあげる 一般的におねだりという行為なのだろうね。だがたまには悪くないと考えさせられたよ。 (閉)
この感動をどこかに伝えたいものだが、なかなかに言葉というものは不自由なものだ。 (哀)
素敵な表情だ。やはり笑顔は素晴らしいものだね。 (微)
なかなかに興味深い出来事だった。覚えておくとするよ。 (微)
なかなか良いマスターを持ったようだね。 (微)
喜びを共有できて嬉しいぞ (閉)
あきらめてもらう こういうこともあるのだ。貴重な体験をしたと考えよう。 (無)
財政事情というものは、どこも厳しい物なのだね。 (哀)
残念だったな・・・・・・なに、次を期待しようじゃないか。 (閉)
たまには、こういうこともあるものだ。気を落とさないように。 (哀)
チャンスというものはなにも一度ではないよ。 (無)
時に願いは叶わない。これもひとつの真理だよ。 (哀)
懐事情が寂しいといったところか・・・・・・ (哀)
ふむ・・・・・・後悔は無いか? (無)
回数オーバー 今忙しいの (無)

コメント一覧
名前
コメント

すべてのコメントを見る
|