※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お出かけ場所メニュー



→【1ページ】・・・ 「カラオケ」~「電気街」まで

好感度 記号 調子 記号
マイロイドは少し好感を持ったようだ マイロイドの調子が少し良くなった
マイロイドは好印象な眼差しを向けている ↑↑ マイロイドの調子が良くなった ↑↑
マイロイドにすごく喜んでもらえたみたい ↑↑↑ マイロイドの調子がすごく良くなった ↑↑↑
マイロイドに少し呆れられたかな・・・・・・? マイロイドの調子が少し悪くなった
マイロイドに悪い印象を与えたみたいだ ↓↓ マイロイドの調子が悪くなった ↓↓
マイロイドに嫌われちゃったかな・・・・・・? ↓↓↓ マイロイドの調子がすごく悪くなった ↓↓↓

お出かけ毎の拒否パターンは下記のどれかが固定で出ます。
好感度 お出かけ発生 選択肢 リアクション 好感度 調子
「どこかへ行ってみないか?」 (無)
「《【マスター】》は何をしているのかな?」 (無)
行かなくてもいいじゃない 「予想外・・・・・・。」 ↓↓ ↓↓
行くまでもないな 「《【マスター】》と話すなら、人形と話していた方がマシだな。」 (怒) ↓↓ ↓↓
え?聞こえない 「もういい。興が削がれた。」 (呆) ↓↓ ↓↓
「《私》が何を考えているか当ててごらん」 (閉)
「ちょっと《【マスター】》を観察させてもらってもいいか?」 (無)
甘えたいの? 「甘い人生送ってきたのだろう、《【マスター】》は。」 (閉) ↓↓ ↓↓
ふっ・・・・・・わからん 「いい加減目覚めたら・・・・・・?」 (怒) ↓↓ ↓↓
時間がないんだ 「《私》の協力要請を断るとはいい度胸だな。」 (哀) ↓↓ ↓↓
「風が気持ちいいな。」 (閉)
「《【マスター】》、研究目的以外で外出してみたいのだが、何処か連れて行ってはくれないか?」 (無)
今日は涼しくていいね 「そうね・・・・・・《【マスター】》は・・・・・・力不足だな。」 (閉) ↓↓ ↓↓
せっかくだけど・・・・・・ 「そうか・・・・・・。《【マスター】》が忙しいなら仕方あるまい・・・・・・。」 (哀) ↓↓ ↓↓
ミニスカートがヒラヒラして良い日だ 「《【マスター】》は欲の権化か?」 (呆) ↓↓ ↓↓

お出かけは五十音順に並んでます。
お出かけ リアクション 選択肢 リアクション 好感度 調子
ちょっと街ブラつこうよ 「ああ、そう来るか。面白いよ、《【マスター】》。」 (微)

ちょっと目を離した隙に【マイロイド】がガラの悪い男2人にナンパされているようだ!!
どうする!?
【マイロイド】にチョッカイだすなよ 男達は逃げ出した。
「ふふ、やるものだね。」 (微)
↓↓
どうしようどうしようどうしよう 【マイロイド】は男達をまったく相手にせず、あきらめさせた。
「これはこれでありだね。」
↓↓↓ ↓↓↓
「いいとも、喜んで。」 (微)

ちょっと目を離した隙に【マイロイド】がガラの悪い男2人にナンパされているようだ!!
どうする!?
【マイロイド】にチョッカイだすなよ 男達は逃げ出した。
「意外な度胸・・・・・・と言ったら失礼かな。」 (驚)
↑↑
どうしようどうしようどうしよう 【マイロイド】は男達をまったく相手にせず、あきらめさせた。
「悪い選択ではないよ。」
↓↓↓ ↓↓↓
「今の時代、街以上にスリリングな場所はないからね。」 (微)

ちょっと目を離した隙に【マイロイド】がガラの悪い男2人にナンパされているようだ!!
どうする!?
※カタカナ全角
【マイロイド】にチョッカイだすなよ 男達は逃げ出した。
「ふふ、《私》を守って、そしてどうするつもりかな?」 (照)
↑↑ ↑↑
どうしようどうしようどうしよう 【マイロイド】は男達をまったく相手にせず、あきらめさせた。
「まあ、賢い選択だ。」 (呆)
↓↓↓ ↓↓↓
テニス場行ってみよう 「ああ、そう来るか。面白いよ、《【マスター】》。」 (微) テニス勝負だ! 「威勢がいいな。面白い。」 (閉) -
テニスウェアっていいよなぁ 「どういう風に良いのか今度じっくり聞かせてくれ。」 -
「おや、体を動かすのかい?」 (微) テニス勝負だ! 「ほう、意外と闘争心が盛んなのか?」 (驚)
テニスウェアっていいよなぁ 「人には色んな理由というものがあるんだな。
興味深い・・・・・・。」 (閉)
-
「運動神経には自信が無いよ。」 (微) テニス勝負だ! 「忙しいスポーツだな。
考えている暇がない。」 (呆)
テニスウェアっていいよなぁ 「では《【マスター】》のテニスウェア姿を観察させてくれ。
・・・・・・イヤか?」 (照)
-
動物見に行こう 「ふふ、面白い答えだね。」 ほら~!ゾウさんだよぉ~! 一緒にゾウを見た。
「ああ、ゾウだな。」
-
鷹のように空飛べたらいいなぁ! 一緒に鷹を見た。
「ああ、いいだろうな。」
-
「動物か・・・・・・ふふ、いいよ。」 (微) ほら~!ゾウさんだよぉ~! 一緒にゾウを見た。
「カバも悪くないぞ。」 (怒)
↓↓ -
鷹のように空飛べたらいいなぁ! 一緒に鷹を見た。
「いいな、この悠然たるたたずまい。」 (笑)
- ↑↑
「それこそが今必要なんだ。」 (微) ほら~!ゾウさんだよぉ~! 一緒にゾウを見た。
「何とまあ・・・・・・さすが最大の陸生動物。」 (驚)
- ↑↑
鷹のように空飛べたらいいなぁ! 一緒に鷹を見た。
「ふふ、《【マスター】》もいいよ。」 (照)
↑↑ -
ドライブと洒落込もうか 「ああ、そう来るか。面白いよ、《【マスター】》。」 (微) 安全運転を心がけないとね ゆっくり走った。
「風を・・・・・・感じないな。」 (無)
↓↓ ↓↓
軽快な走りでマスターらしさをアピール 軽快に走った。
「いいね。この風がいい。」
↑↑ ↑↑
「終わりのない旅・・・・・・なんてのはどうかな?」 (微) 安全運転を心がけないとね ゆっくり走った。
「ああ、《【マスター】》はそれでいいよ。」 (微)
↓↓ ↓↓
軽快な走りでマスターらしさをアピール 軽快に走った。
「ふふ・・・・・・ああ、いいなあ・・・・・・風が・・・・・・」
↑↑ ↑↑
「そして二人は永遠に・・・・・・ふふ。」 (微) 安全運転を心がけないとね ゆっくり走った。
「まったくもってその通りだよ。」 (呆)
↓↓ ↓↓
軽快な走りでマスターらしさをアピール 軽快に走った。
「たまらないよ、この風と・・・・・・《君》が。」 (ウイ)
↑↑ ↑↑
ネットもいいけど図書館もね 「ふふ、面白い答えだね。」 図書館では静かにしないといけないんだぞ 「ああ。」 -
静かな雰囲気苦手なのよね・・・ 「それはまた、変わった思考だな。」 -
「《君》らしくもない、といったら失礼かな?」 (微) 図書館では静かにしないといけないんだぞ 「その通りだ。その通りすぎて言うことがない。」 (無) -
静かな雰囲気苦手なのよね・・・ 「それなのに図書館とは、《【マスター】》は不思議だ。」 (呆) -
「静かな時が、《私》たちには大事だよ。」 (微) 図書館では静かにしないといけないんだぞ 「わかっているよ。《君》と本を読む時間は何より大切なのだからね。」 (ウイ)
静かな雰囲気苦手なのよね・・・ 「《君》はまさに矛盾した人間という存在を体現しているね。」 (驚)
博物館に興味あるんだ 「ああ、そう来るか。面白いよ、《君》。」 色々と勉強になるね 「ああ、ここはよい。」
歩き回るのマジ疲れるね 「では休むとしようか。」
「ふふ、《私》もだよ。」 (微) 色々と勉強になるね 「ああ、実によい。」 (笑)
歩き回るのマジ疲れるね 「仕方ないな。」 (呆)
「おや、何と言うことだ、《私》もだよ。」 (微) 色々と勉強になるね 「ああ、自分が世界の一員であることを実感できるよ。」 (照) - ↑↑
歩き回るのマジ疲れるね 「では《君》を観察することに変更しようか。」 ↑↑ -
腹ごしらえと参りましょう 「ああ、そう来るか。面白いよ、《君》。」 安くてそれなりの定食屋で済ます 「味が濃いな。
味覚センサーが故障しそうだよ。」
- ↓↓
【マイロイド】には高値でもウマイ店で食事させる[100M必要] 「ほう、見栄を張っているな?」 - ↑↑↑
「いいな、いい提案だ。」 (微) 安くてそれなりの定食屋で済ます 「チャーハンというのはなかなか合理的な食べ物だな。
実に興味深い。」 (微)
- ↓↓
【マイロイド】には高値でもウマイ店で食事させる[100M必要] 「価格と満足度が比例するとは限らないよ。」 (閉) - ↑↑↑
「腹が減っては何とやらだな。」 (微) 安くてそれなりの定食屋で済ます 「価格なんて物の価値を決めるひとつの基準に過ぎないよ。
《私》は無料で《【マスター】》の所に来たんだが、不満か?」 (閉)
- ↓↓
【マイロイド】には高値でもウマイ店で食事させる[100M必要] 「高価な料理という念頭を捨てて味覚だけで味を判断してみるんだ。
《君》はこの味をどう思う?」 (呆)
- ↑↑↑
腹減ったから中華街行こう 「ふふ、面白い答えだね。」 やっぱ肉まん食うっしょ? 一緒に肉まんを食べた。
「ああ。」
チャイナドレスは良いものです チャイナドレスを見た。
「ふむ。」
-
「おや、そう来たか。いいだろう。」 (微) やっぱ肉まん食うっしょ? 一緒に肉まんを食べた。
「なるほど。」 (微)
チャイナドレスは良いものです チャイナドレスを見た。
「ふむふむ・・・・・・興味深い。」 (閉)
-
「本能に身をまかせるのもいいね。」 (微) やっぱ肉まん食うっしょ? 一緒に肉まんを食べた。
「美味いな。」 (照)
↑↑
チャイナドレスは良いものです チャイナドレスを見た。
「《私》が着たら、というのを想像しているな?」 (呆)
↓↓ -
ピクニックにレッツラゴー! 「ああ、そう来るか。面白いよ、《君》。」 (微) ひぃ!クマ!? 「ふふふ、あれがクマに見えるのか?」 (微)
野生のタヌキがいるぞ~ 「あのタヌキから、この世界はどのように見えていると思う?」
「テンションが高いな。どうした?」 (微) ひぃ!クマ!? 「おびえた顔もなかなか良いな。」 (微)
野生のタヌキがいるぞ~ 「そっとしておいてやりなよ。
あまり近づくもんじゃない。」 (閉)
「ふふ、元気だね。」 (微) ひぃ!クマ!? 「おびえた顔を観察させてくれ。
そしてアレはタヌキだぞ?
安心するんだ。」 (ウイ)
野生のタヌキがいるぞ~ 「好奇心旺盛なのはいいが、よく見てみなよ。
タヌキがおびえているぞ?」 (呆)
ファミレスでマッタリしないか 「ああ、そう来るか。面白いよ、《君》。」 チョコパフェ一緒に食べる 「ふむ、いただこう。」 - ↑↑
恥ずかしくてチョコパフェ一緒に食べれない 「まあ、仕方ないね。」 ↓↓ ↑↑
「そういう時間も悪くない。」 (微) チョコパフェ一緒に食べる 「恥ずかしいか、だって? 言わないとわからないかな?」 (激) ↓↓ ↑↑
恥ずかしくてチョコパフェ一緒に食べれない 「気にするな。そういうこともあるだろう。」 (微) - ↑↑
「無駄というものも大事だと、わかってきたようだね。」 (微) チョコパフェ一緒に食べる 「ほら、口を開けて。・・・・・・《私》がこういうことをするとおかしいかな?」 (呆) ↓↓ ↑↑
恥ずかしくてチョコパフェ一緒に食べれない 「ああ、《君》の気持ちはわかっているよ。安心してくれ」 (笑) ↑↑ ↑↑
ちょっと本屋に行かない? 「たまには《【マスター】》に付き合うのも良いかもしれないな。」 (閉) 色々見て回る 「《【マスター】》は思っていたよりも幅広いジャンルに手を出しているのだな。意外性があって良いぞ。」 (微)
歩き疲れた 「ふぅ、《【マスター】》はもう少し体力面も鍛えた方が良さそうだな。」 (呆) -
「良いぞ。本屋での観察も良いデータになりそうだ。」 (微) 色々見て回る 「どうだ?《【マスター】》の興味を惹く書籍はまだ見つからないか?ならばデータ収集の為にこの書籍を読んでみてはくれないか?」 (微) -
足が棒のようだ 「《【マスター】》が疲れたという事は《私》も大分疲労している事になる。どこかで休息を取らねばな。」 (哀) ↑↑
「本屋か。日頃読み慣れている書物と違った物が見つかるかもしれないな。」 (微) 色々見てまわる 「本を読んでいる際の《【マスター】》は実に興味深い反応をしているな。《【マスター】》を見ていると飽きなくていい。」 (照)
本を買ってあげる 「《私》の気に入る書籍など此処には無いかも知れないが、《【マスター】》の好意だ、ありがたく受け取っておくよ。」 (困)
1000M減少した
↑↑ ↑↑
野球見にいくべ 「ああ、そう来るか。面白いよ、《君》。」 今年のモエローは絶好調だね 「誰だそれは?」 -
野球面白い? 「それなりにはな。」 -
「何が待っているのかな?」 (微) 今年のモエローは絶好調だね 「《君》と彼女はどういう関係なんだ?」 (呆) -
野球面白い? 「バッターの並びに何か意味はあるのか?」 (微) -
「わかった、見学しよう。」 (微) 今年のモエローは絶好調だね 「《君》が興味を惹かれる娘か・・・・・・
《私》も興味があるな・・・・・・」 (照)
-
野球面白い? 「盗んだり刺したり、用語が物騒だな。
何故だ?」 (驚)
-
山に行こう 「ふふ、面白い答えだね。」 キノコ大漁じゃ~! 「もちろん《君》が味見してくれるのだろう?ふふ、冗談だ。」 -
何も無い山だね・・・・・・ 「ああ、何もない。」 -
「山か。それはまた・・・・・・いや、いい。」 (微) キノコ大漁じゃ~! 「わかった、《私》が最初に食べよう。それが望みだろう?」 (微) -
何も無い山だね・・・・・・ 「ああ、それがいい。」 -
「そこに山があるから・・・・・・いいね。」 (微) キノコ大漁じゃ~! 「山の幸はいいものだね。」 (微) -
何も無い山だね・・・・・・ 「ああ、それが実にいい。《君》と二人きりだからね。」 (照) ↑↑
遊園地行きたいなぁ~ 「ああ、そう来るか。面白いよ、《君》。」 絶叫アトラクション最高だよな! 「《君》の価値観を押し付けるのか。」 ↓↓↓ -
絶叫系はマジで無理 「だったらポップコーンでも食べていればいい。」 ↑↑↑ -
「ならば行けばいいよ。」 (微) 絶叫アトラクション最高だよな! 「最高なんかじゃない。」 (怒) ↓↓↓ -
絶叫系はマジで無理 「世の中、無理な物は無理だ。
《君》は悪くないよ。」 (笑)
↑↑↑ -
「正直なのは良いことだよ。行こう。」 (微) 絶叫アトラクション最高だよな! 「乗らないぞ?
さぁその手を離せ。」 (困)
↓↓↓ -
絶叫系はマジで無理 「ダメなものを正直に告白できるのは素晴らしいよ。」 (照) ↑↑↑ -
遊園地行こう 「ああ、そう来るか。面白いよ、《【マスター】》。」 (微) お化け屋敷で頼られるマスター目指してます 「さて、頼るに足るマスターかな《君》は?」 (微) -
自分、怖いの苦手ッス! 「ほう、それはいいことを聞いた。」 -
「楽しむことに年齢は関係ないよ。」 (微) お化け屋敷で頼られるマスター目指してます 「ああ、目指すのはいいことだよ。素敵だ。」 (閉) -
自分、怖いの苦手ッス! 「・・・・・・楽しみだな。ふふ。」 (微) -
「そうだね、《【マスター】》はそういう人だよ。」 (微) お化け屋敷で頼られるマスター目指してます 「さて、ご希望に添えられるかどうか。」 (呆)
自分、怖いの苦手ッス! 「そうかそうか、《私》は怖いのが大好きだ。さあ行こう。」 (笑) ↑↑ ↑↑
ラーメン屋行こうか 「ああ、そう来るか。面白いよ、《君》。」 (微) ラーメン食べますか! 「ふむ、いただこう。」 (閉) - ↑↑
やっぱ気分悪いから帰る 「あぁ・・・素晴らしいな。」 (呆) ↑↑ -
「行ってみよう。行けばわかる。」 (微) ラーメン食べますか! 「スープと麺を調和させた料理か。
なかなかに興味深い。」 (無)
-
やっぱ気分悪いから帰る 「気まぐれだな、《君》は。」 (呆) ↑↑ -
「なかなか楽しみではあるな。」 (微) ラーメン食べますか! 「熱ッ・・・・・・。
《【マスター】》・・・・・・おかゆフーフー冷却機能とやらを使ってみるか?」 (困)
- ↑↑
やっぱ気分悪いから帰る 「《君》の行動は《私》の理解をはるかに超えているな。」 (驚) ↑↑ -
お出かけ リアクション 選択肢 リアクション 好感度 調子

コメント一覧
名前
コメント

すべてのコメントを見る
|