ミステリアスタイプ時の会話内容です。
一人称
マスターの呼び方 【自マスター】、キミ
相手マイロイドの呼び方 【相手マイロイド】、君
相手マスターの呼び方 【相手マスター】、【相手マスター】クン

会話パターン

【会話回数オーバー】【強制スリープ】時の台詞は全タイプ共通です。
起動 おはよう、また《【マスター】》の顔が見れて嬉しいよ。
いつも《【マスター】》は優しく起こしてくれるね。
さて、今日はどんなコトをさせるつもりだ?
どんな顔して起こすのか楽しみだったよ。
《【マスター】》の声は本当に良い目覚ましになるよ。
また会えて嬉しいよ。
目覚めてすぐに《【マスター】》の顔が見れるのは嬉しいものだね。
夢のなかに《【マスター】》が出てきたよ。なかなかに面白い夢だった。
スリープ 24時間常に動き続けられたらよかったのだが・・・・・・これも仕様というものでね・・・・・・
明日も同じ《【マスター】》に会えるのかな?
おやすみ・・・・・・《【マスター】》。
少し休息を取ることにするよ
少し根を詰めすぎたようだ・・・・・・休息を取らせてもらうよ。
では、先に休ませて貰うよ。《キミ》もきちんと休むことだ。
マイロイドというものにも休息は必要でね。先に休ませてもらうよ。
《【マスター】》の寝顔を観察していたいな。
もうエネルギーの充電が必要か・・・・・・なかなかに脆いものだな。
もう少し《【マスター】》の顔を見ていたいところだが・・・・・・仕方ないな。
夢の中でも《【マスター】》に会おう。
んっ、もうそんな時間なのか・・・・・・
強制スリープ うー・・・・・・
ナデナデ
布団直し
タオル取り替え
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・君は一体なにを?・・・・・・・・・・・・
・・・・・・このサンプルは・・・・・・?
・・・・・・残念だが・・・・・・彼は、もう・・・・・・
・・・・・・絶対に《【マスター】》だけは・・・・・・
・・・・・・何故だ・・・・・・わからない・・・・・・
・・・・・・触れてはいけない・・・・・・そのことだけは・・・・・・
うぅ・・・・・・くるなっ・・・・・・鵺め・・・・・・う~ん・・・・・・
うぅ・・・・・・やめろ・・・・・・そ、それは・・・・・・それだけは・・・・・・
くぅ・・・くぅ・・・
LVアップ どうすれば《【マスター】》をもっと進化させてあげられるのだろうか? (喜)
《【マスター】》の進化は興味深いよ。 (喜)
勉強完了 この世界の理をまたひとつ知ったよ。
こんなに興味深いものは、そうそうに無かったよ。
実に興味深いものだったよ。
世界の法則にひとつ触れた気がするよ。
達成感というものは、こういう時に味わえるものだと知ったよ。
知恵というものは、こうやって獲得していくのかもしれないね。
何故これは、このような仕組みになっていたのだろうか?
なるほど、このような世界もあるのだね。
仕事完了 この世界の理をまたひとつ知ったよ。
何故これは、このような仕組みになっていたのだろうか?
なるほど、このような世界もあるのだね。
散漫>注意 息抜きのつもりだったが、少々度が過ぎてしまったようだね。
いつもと違う声が聞けてやる気が出たぞ。
心配をかけたね。だが、もう大丈夫だ。安心して欲しい。
すまない・・・・・・。
すまないね。少しだけのつもりだったのだが・・・・・・。
注意する顔が気に入ったよ。またサボりたい気分だ。
つい別の研究テーマが見つかってしまってね。
どうして《【マスター】》の声は心に響くのだろうね。努力してみるよ。
《【マスター】》に迷惑をかけるつもりでは無かったのだが・・・・・・。
迷惑をかけてしまったね。
《私》は何度でもサボるぞ。
減退>応援 期待されるのも悪くは無いものだね。
その期待、裏切らないように努力するよ。
では、集中して取り組むことにしようか。
ふむ、わかっているよ。
まぁ、期待せずに待っていてくれたまえ。
《【マスター】》の期待には応えてみせよう。
了解した。期待していてくれ。
チョッカイ あまり無駄な労力を使わせて欲しくはないのだけどね。
貴重なサンプル体験だ。ありがたく堪能させていただこう。
この行為は非常に不可解だな。
この状況でチョッカイだすのか、興味深いな。
時間を無駄に使ってはいけない。他にもやることはあるのだろう?
人類というのは時に意味のない行為を繰り返す生き物だが・・・・・・これもそういうことなのだろうか?
そのチョッカイはキミの経験になったのか?
それで?そちらには得があるのかい?
なんだそのチョッカイは?がっかりだ・・・。
チョッカイ・・・・・・この行動の意味とはなんなのだろう?
ふむ、何故そのような行動に出るのか興味があるな。
利益というものを考えたことはないかい?そちらの利益になる事なのかな?
オススメ オススメ機能というのはなかなかに面白いシステムだと感じるよ
君のセンスというのは・・・・・・こう・・・・・・独創的だな。
このオススメという機能はセンスを問われるものだが・・・・・・君はどうなのだろうか?
このセンスは・・・・・・少々脱帽してしまったよ・・・・・・
自分に正直だな、《【マスター】》は。
随分と興味深い趣味してるね、君は。
センスが無いと生き辛いだろうに・・・・・・。
それじゃあ次はそちらにオススメをしにいかないといけないな
デザインは悪くない・・・・・・だが少し派手すぎるように感じるな
なかなかに物好きなのだね、君は。
なかなかユニークな衣装をススメてくれるものだね。
ふむ、なぜこのオススメなのかが興味が湧くな
毎回不思議に思うのだが、なぜ体系まで変わってしまうのだろうか? (「体系」誤字)
支援する 他人に施しか・・・・・・偽善と善は見分けがつかないが・・・・・・《私》は《【マスター】》を理解しているつもりだぞ? (喜)
お礼に行く 【相手マイロイド】、そうカタくなるな
今回は視察ではなく礼に来ただけだからな (安)
お礼を貰う 礼には及ばん・・・・・・ (喜)
マイルームで会話 あんまり急いでも良くはないぞ (普)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おっと、10分ほど考え事をしていたようだ (驚)
お勉強とは言うが、日々が常に勉強だな、《私》にとっては (普)
心・・・というものは本当に不思議だ (普)
・・・・・・すまない、《【マスター】》の顔を観察していたんだ (普)
そうだ、今日は《私》が食事を用意しよう
なに、特に害はないから安心するがいい (安)
そろそろ山に行って昆虫採集がしたいな (普)
どうかしたか?そんなにそわそわして (普)
ふむ、《【マスター】》はなかなか面白い動きをするな (喜)
《【マスター】》との生活は退屈がなくて本当に面白いよ (喜)
《【マスター】》も一緒にマイロイドについて研究してみないか (喜)
通常会話
好感度:低
・・・・・・。 (安)
何か (普)
なるほど、話す時はそういう顔をするのか。 (普)
ふむ・・・・・・。 ()
いつも話題があるわけではないんだよ。 (普)
通常会話
好感度:中
何か用かな? (普)
ふふ、誰に話しかけているのだ。 (喜)
《【マスター】》は何故話しかけるのだ? (普)
無駄無駄・・・・・・。 (安)
悪くない。 (普)
通常会話
好感度:高
面白いよ、《【マスター】》の研究は。 (喜)
こうやって話すのもいいものだね。 (普)
この生活は悪くないな。 (普)
この世界って奇妙よね。 (笑)
スットコベロンチェって知ってる?知らないわけないよね? (ジ)
会話回数オーバー 今、ちょっと忙しいの
おねだり あー意見が聴きたいのだが・・・・・・
【商品名】をどう思う? (笑)
あーごほん
【商品名】という物がだな、その・・・・・・とても興味深いデザインでね・・・・・・ (笑)
ここには貴重な代物が多くあるな。
特に【商品名】なんてめったに見れるものではない。 (笑)
これは・・・・・・
なぁ、《【マスター】》仮に【商品名】が欲しいと言ったらどうする? (笑)
【商品名】・・・・・・
時に《【マスター】》よ、ここに貴重な研究サンプルがあるのだが・・・・・・ (笑)
少し質問があるのだが・・・・・・
《【マスター】》はこの【商品名】が好みだったりはしないだろうか? (笑)
たまにはこのような店もいいものだね。
【商品名】のような商品を目にする事が出来るのだから。 (笑)
どこかにサンプルになるような物はないかな・・・・・・
たとえば【商品名】のようなものがあるといいのだが・・・・・・ (笑)
ふむ・・・・・・。
【商品名】か・・・・・・興味深い。
・・・・・・ねだってるわけではないぞ? (笑)
ふむ、実に色々な商品があるものだね。
時にこの【商品名】なんて実に興味深い。 (笑)
まぁ、あれだ。せっかくここに来たのなら【商品名】を買っていくのはどうだろうか? (笑)
買ってあげる ありがとう、これは必ず研究の役に立ててみせるよ。 (照)
このデザインはなかなかに無いものでね。手に入れることができてよかったよ。 (照)
これで研究がはかどるよ。本当に助かった。 (照)
これほど貴重なサンプルを手に入れることが出来るとは・・・・・・ (照)
先に忠告しておくと、請求したわけでは無いのだからな? (照)
正直、断られると思ったのだが・・・・・・試してみるものだな。 (照)
素直に礼を言うべきなのだろうね。ありがとう、本当に助かったよ。 (照)
ねだったわけではないが、ありがとうと言っておこう。 (照)
ふむ、こういう風になるわけか・・・・・・覚えておくよ。 (照)
ほう、まさかこうなるとは・・・・・・なかなかに興味深いデータだよ。 (照)
《【マスター】》の判断は正しかったと証明できるようにするよ。 (照)
我慢してもらう ・・・・・・よいサンプルだったのが、残念だな・・・・・・。 (泣) ※脱字
ああ、わかっている・・・・・・。 (泣)
いや、別にいいよ。変わりに《【マスター】》の反応を知ることができた。 (泣) ※誤字
こういうこともある・・・・・・良い教訓になったよ。 (泣)
資金の調達が必要なのだろう?それまでは待っているよ。 (泣)
それならば仕方ないな。 (泣)
タイミングが悪かったか・・・・・・。 (泣)
なに、気にすることはないよ。 (泣)
なに別にこれだけがサンプルではないさ。 (泣)
別にねだっていたわけではないので、かまわないよ。 (泣)
まぁ、仕方ないな・・・・・・。 (泣)
説得 ときに待つ身というのは途方もなく虚しいものなんだ・・・ (泣)

コメント一覧
名前
コメント

すべてのコメントを見る

|