※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SCP-5400-A - Railgun (超電磁砲)


Item #: SCP-5400-A

Object Class: Safe

取扱方:
SCP-5400-Aは平和的だが、思春期のためか少し気性が激しい。なに、SCP-5399-Aと一緒にいさせてあげれば
何の問題もない。- O5-8

概要:
SCP-5400-Aは、日本の東京都立川市の学園都市に住んでいる14歳の日本人の女子中学生です。
彼女は自在に[編集済]Vまでの電気を操ることができ、彼女の体は常に静電気を帯びています。
また、コインや鉄片など電気で飛ばすことにより、"疑似レールガン"を撃つことができます。
特に指で弾いたコインを電気で飛ばすレールガンはすさまじい破壊力を誇り、調査の結果、
射程距離・威力の両方で米海軍のそれを上回る結果が出ました。

彼女には普通の人間と同じく理性があり、殺傷のためにこの能力を乱用することを嫌っています。
この点はSCP-5399-Aと同じようなものです。しかしSCP-5399-Aと異なる点は、少し気性が激しいところです。
彼女は激怒すると周囲の電子機器などの電気を使った機械に無意識に深刻な被害をもたらします。
これは彼女が興奮状態から戻るまで続きます。

しかし最近、SCP-5399-Aが彼女の近くにいればこれを最小限まで抑えることができる、ということが判明しました。
彼女はどうやらSCP-5399-Aに好意を抱いているようで、彼が近くにいるとおとなしめになります。
さらにSCP-5399-Aの能力により彼女の能力はほとんど打ち消されます。
O5-8は下手に収容してSCP-5400-Aを刺激するよりも、SCP-5399-Aと共に普通の学校生活を送らせた方が賢明と判断し、
SCP-5400-Aを学園都市に帰すよう命令しました。