TeXLive


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インストール

http://www.tug.org/texlive/からdownload→install-tl.zipをダウンロード
解凍してinstall-tl-advanced.batを実行
すべてのユーザに対してインストール

IPAexフォント埋め込み

kanji-config-updmap ipaex

スタイルファイル

/Users/(ユーザ名)/texmf/tex/フォルダにスタイルファイルを入れる

雛形

\documentclass[dvipdfmx]{jsarticle}         % ドキュメントクラス
% パッケージ
  \usepackage[T1]{fontenc}        % 8ビットフォント
  \usepackage{textcomp}           % 追加フォント
  \usepackage[utf8]{inputenc}     % ファイル文字コード
  \usepackage{otf}                % 使える漢字の種類を増やす
  \usepackage{amsmath}            % 数式
  \usepackage{graphicx} % 画像
  \usepackage{tabularx}           % 幅の決まったテーブル
  \usepackage{multirow}           % 列結合
  \usepackage{listings}           % ソースコード
  \usepackage{jlisting}           % ソースコード(日本語)
  \usepackage{hyperref} % ブックマーク (最後にすること)
  \usepackage{pxjahyper}          % ブックマーク
% listing 設定
  \lstset{%
    language=C,                % 言語
    basicstyle=\small\ttfamily,% プログラム全体の文字
    stringstyle=\ttfamily,     % 文中のStringのフォント
    numbers=left,              % 行番号の位置
    numberstyle=\tiny,         % 行番号の大きさ
    stepnumber=5,              % 何行ごとに数字を出すか
    numbersep=5pt,             % 行番号と本文の距離
    frame=tRBl,                % 枠の描画
    tabsize=2                  % タブサイズ
  }
% hyperref設定
  \hypersetup{
    bookmarksnumbered=true, % ブックマークのタイトルにに節番号を含める
    pdftitle={},%
    pdfauthor={},%
    pdfsubject={},%
  }
% 文書情報
  \title{}
  \author{}
  \date{}
% 文書
\begin{document}
  \maketitle
\end{document}