行きたい場所(日本)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

順序は都道府県コードによる。

埼玉県

百穴温泉

名所・吉見百穴(ひゃくあな)の近くにある鄙びた一軒宿。首都圏で東京から一番近い混浴温泉として有名であるが、寂れ具合が凄まじい。入り口からも旅館の佇まいではなく、館内ともに朽ち果てるが如くの寂れようである。温泉はメタホウ酸にて適合する鉱泉でやや黄色みがかったお湯で加温かけ流し。女性用内湯と露天風呂、それに混浴の温室風呂がある。温室風呂は熱帯植物が植えられ岩風呂と長方形の湯船があるがこの寂れ具合に雰囲気は悪い。また熱帯植物が屋根を突き破ったままであり、女風呂の窓ガラスにスプレーを吹き付けて見えなくしてあるなど工夫のなさには脱力感を覚える。近くの射撃場からの騒音もかなり気になる。「混浴」自体を目的とした輩のたまり場となっていることもあるらしく、女性のみ、まともなカップル、夫婦には到底お勧めできない温泉である。
知ってる人もいることでしょう・・・
埼玉の百穴温泉!
露出・乱交・噂には聞いていたが・・・ここまでカオスな場所だとは( ̄∇ ̄;)
24や映画館など行く節操の無い女装さん達なら普通な場所なのかもしれませんが・・・わたしにとっては”あなたの知らない世界”いや!知ってはいけない世界・・・
駐車場に到着あおいは車で待ってると言うので親友まさとしと二人で潜入・・・
ここは廃墟かと思わせるたたずまい・・・やる気のなさそうな店主が出てきて”一人1500円ね”金を受け取ると消えていった・・・日帰り入浴タオルのなしで1500円!高すぎだろ!!
入浴を終えた一組のカップルとすれ違った・・・女性はわたしに不適な笑みを投げかけた・・・ぞっとした。
いたるところに男がいる・・・舐めるような視線・・・異様な雰囲気
汚い脱衣所に入り脱衣して入浴に準備・・・一度廊下に出るのだがそこらにいた男達が浴室に群がっていくのが見えた・・・
親友まさとしが入った時は誰も入っていなかったらしいがわたしが来た途端ワナワナと沸いてきたそうな・・・10人ほど・・・
この男達の事を”ワニ”と呼ぶらしい
混浴に入るための部屋に移動すると壁の向こうから・・・”夢みたいだよ♪”とか話してるのが聞こえてくる(汗
女性?客はわたし1人・・・ひょっとしたらやばいシュチュエーションかも・・・
意を決して扉を開けるとそこには親友まさとしが!”姉さん無理!やばいから出よう!!と”身の危険をかえりみず警告
急いで着替えて脱出・・・着替えてる最中はまさとしの安否が心配だった・・・ボコられてないかなと・・・助けようにも流石に大の男10人相手じゃかなわない(汗
その様子を見て興味本位で来た2組のカップルが話しかけてきた・・・やばいよココってまさとしが説明したら急いで逃げていった。。。
心霊スポットのような場所です・・・興味本位で行くのは非常に危険です!!
実際混浴で来ただけの女性がレイプされたとか妻・彼女が犯されたと言うはなしを聞いていましたがこんなにカオスな場所があるなんて
ちょっと露出なんて軽い気持ちで行ったのは軽率でした・・・1500円の勉強代で済んだのも幸いだったと思います
もし止められずに入っていたら・・・ただじゃすまなかったでしょうね。。。
まぁ節操の無い方々には楽園でしょうがわたしは二度と近寄らないでしょう・・・本当に怖いのは人間の欲望なんだなって思いました。
危険をかえりみず止めてくれた親友まさとしに感謝です
ワニに囲まれてる中餌を逃がすなんてワニからすれば敵ですからね・・・無事に脱出してくれて良かったです。
宝川=天国
百穴=地獄
って感じですね。。。
これが摘発されないのが不思議だ・・・袖の下でも貰ってるのか??
おぞましい・・・欲望・混沌渦巻く世界・・・犯されたいって人は行ってみると良いですよ♪どうなろうとわたしは一切責任持ちませんので(笑

東京都

目黒寄生虫館

東江東区古石場1丁目4−7(35.669530, 139.793091)

謎の像

山梨県

大菩薩峠