※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テキスト整形のルール
通常は入力した文章がそのまま出力されます。

改行すると改行されます。





引用文
引用文のテストです。行頭で > を指定すると、引用文になります。





番号無しリスト
  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5行頭で - または ・ を指定すると、番号なしリストになります。






番号リスト
  1. 番号リスト1
  2. 番号リスト1
  3. 番号リスト1




定義語
定義語
説明文行頭を : で始め、| 記号で区切ると、定義リストになります。





整形済みテキスト
行頭が半角空白で始まる行は整形済みテキストとなります。行の自動折り返しは行なわれません。





表組み
| インライン要素 | インライン要素 |行頭から | でインライン要素を区切ることで表組みになります。

インライン要素のはじめに以下の記述をすることで、表組みのセルの表示を変えることができます。

•BGCOLOR(色指定):
•COLOR(色指定):
•SIZE(サイズ指定):
•LEFT:
•CENTER:
•RIGHT:
記述例:
あああいいい ううう えええ おおお




見出し
* 見出し行頭で * または * を記述すると、見出しになります。





水平線
----行頭で4つの - を書くと水平線になります。





行間開け
改行することで行間をあけることができます。





画像の貼り付け
#ref(添付ファイル名)
#ref(ファイルのURL)&ref(添付ファイル名)
&ref(ファイルのURL)行頭で #ref を記述すると、添付ファイルまたは指定されたURLにあるファイルへのリンクを貼り付けることができます。ファイルが画像ファイルの場合は、その画像を表示します。

行の途中の場合は#ref error : ファイルが見つかりません ()を使います。





コメントフォーム1
#comment行頭で #comment を記述すると、コメントを挿入するためのフォームが埋め込まれます。

設置したページにログが残ります。





コメントフォーム2
#comment_num行頭で #comment_num を記述すると、コメントを挿入するためのフォームが埋め込まれます。

1つのコメントごとにページが作成されます。

コメントフォームを表示させます. commentプラグインの拡張版です。comment_num2プラグインとの違いはログが複数のページに保存されるところです。

引数

size=数字
nsize=数字
num=数字
logpage=ログページ名
above|below
nodate




コメントフォーム3
#comment_num2行頭で #comment_num2 を記述すると、コメントを挿入するためのフォームが埋め込まれます。

1つのログページにコメントが記録されます。

コメントフォーム2とは違い、1つのコメントごとにページが作成されません。

コメントフォーム4

引数

size=数字                   - コメント入力欄の横の長さ
nsize=数字                  - 名前入力欄の横の長さ
vsize=数字                  - コメント入力欄の縦の長さ
num=数字                    - 一度に表示するコメント数
logpage=ログページ名        - ログページの指定
above|below                 - 上向き|下向き
nodate                      - 日付を表示しない
使用例
#comment_num2
#comment_num2(size=30,vsize=3,num=20,logpage=コメントログ)
投票
選択肢 投票
選択肢1 (0)
選択肢2 (0)
... (0)

行頭で #vote を記述すると、簡易投票フォームが埋め込まれます。
改行

行中に
を書くと、そこで改行されます
カウンタ表示
&counter()
&counter(オプション)行中で &counter() を記述するとそのページにアクセスした人の数を表示することができます。
&counter() には次のオプションを指定できます。 

今日のアクセス数を表示します。
yesterday
昨日のアクセス数を表示します。
リンク
[[@うぃき]]行中で [[ と ]] で囲まれた文字列はページへのリンクになります。ページがない場合も自動的にリンクになります。
[[リンク名>URL]]
http://から始まるURLを>の右側に入力することで外部ページへのリンクになります。
別名内部リンク
[[別名>ページ名]]行中のページ名形式の文字列の中で、> で2つの文字列を区切ると別名リンクになります。 > の前には別名を、> の後ろにはページ名を記述します。
//コメント